ホーム > 一般向け各種情報 > Archive by category '研修情報'

トピックス

[01]研修情報一覧

2020年度実践研究集会 発表者決定のお知らせ

更新日付:2021.01.21

2020年度実践研究集会の発表者をお知らせ致します



 基調講演では「これからの社会福祉士の方向性について~日本社会福祉士会のこれまでの取組みと未来への展望~」と題し、講師に日本社会福祉士会 会長 西島善久氏、聞き手に北海道社会福祉士会 相談役 竹田匡 氏をお迎えし対談形式で講演いただきます。

 日本社会福祉士会の西島会長を北海道にお迎えするため。また、発表していただく会員を応援するためにも、ご都合がつく方はぜひお申込みください。
 多くの皆様の参加をお待ちしています。

と  き2021年2月11日(木・祝)
 13:30~17:00(受付13:00)
と こ ろオンライン(WEB会議システム「ZOOM(ズーム)」を使用)
※パソコン・スマートフォン等を利用して、自宅・職場から参加いただけます。
※通信状況が安定した環境での参加を推奨します。
※ZOOM環境設備・インターネット回線の通信料は参加者負担となります。
主 催公益社団法人 北海道社会福祉士会
プログラム(概略)【基調講演】
     テーマ:「これからの社会福祉士の方向性について
     ~日本社会福祉士会のこれまでの取組みと未来への展望~」
        講 師:公益社団法人 日本社会福祉士会 会長 西島 善久 氏
        聞き手:公益社団法人 北海道社会福祉士会 相談役 竹田 匡 氏
                  (公益社団法人 日本社会福祉士会 理事)
【質疑応答】「西島会長と話そう!」
     ※参加申込時の質問にお答えします。
     (当日質問の受付は行いません。)

【実践発表】

題  名
発 表 者
「多文化共生における社会福祉士の役割と知っておきたい事項について~北海道での外国人支援を円滑に行うために~」(仮) 釧路市総合政策部市民協働推進課
  小竹 一嘉 氏
   (釧根地区支部)
「空知におけるソーシャルワーカーの地域づくり」(仮) 砂川市立病院
  佐々木 旭美 氏
   (道央地区支部)
「老人クラブの活動について~会員の実感を通じて~」 社会福祉法人音更町社会福祉協議会
  江縁 宏亮 氏
   (十勝地区支部)
参加費    会  員 2,000円(入会申込中を含む)
   賛助会員 1,000円(学生を含む)
   一  般 4,000円
申込期限    2021年1月22日(金)
申込方法    〇参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXでお申込みください。
      参加申込書はこちら ⇒参加申込書
      開催要項はこちら  ⇒開催要項

   〇下記の申込フォームからも申込みできます。
      申込フォームはこちら⇒実践研究参加申込フォーム

司法分野における社会福祉士の関与の在り方を考える勉強会~基本編~

更新日付:2021.01.20

 道内各地で活躍している社会福祉士等が、司法分野におけるソーシャルワークに関心を持ち、今後司法分野におけるソーシャルが拡大していく事を目的に、今年度は、『基本編』として学習会を開催致します。講義のなかでは、司法領域に関する基礎的な知識の習得、福祉的支援が必要な罪を犯した人を支援する為の基本的な対応スキル等の習得を目標としています。なお、来年度は、『応用編』を開催する予定です。多くの皆様のお申込みをお待ちしております。

【主催者】   公益社団法人 北海道社会福祉士会  
【日 時】   2021年3月27日(土) 13:00~16:45
【研修方式】  WEB研修会 (ZOOM活用)
【受講対象】  ①北海道社会福祉士会に所属している社会福祉士。
        ②司法分野におけるソーシャルワークに関心のある方。
【定 員】   80名(定員になり次第締め切ります。お早目に申し込み下さい。)
【受講料】   会員2,000円 非会員3,000円
【申込締切日】 2021年3月19日(金)
【内 容】

時間内容・講師
13:00~13:30受   付
13:30~13:35開会・挨拶
13:35~14:05
(30分)
講義「刑事手続きの概要と弁護士との関わり方」
りんどう法律事務所 
   富田 圭佑(社会福祉士・弁護士 道北地区支部会員)
14:05~14:35
(30分)
講義「矯正施設の現状と支援が必要な方の理解」
帯広刑務所釧路刑務支所 ・処遇部門分類 社会福祉士
久保田 真弓(社会福祉士・釧根地区支部会員)
14:35~14:45           休  憩 (10分間)
14:45~16:45
(120分)
講義「司法分野におけるソーシャルワークの実践」
講義「更生支援計画の理解」
NPO法人小呂野 
代表 湯淺 弥(社会福祉士・道南地区支部会員)
16:45          閉会・挨拶

【受講方法】ZOOMを使用した研修のため、ご自宅等ネット環境の安定した場所からの参加をお願い
します。事前準備としてZOOMアプリをインストールしてください。申し込み後、申し込み用紙記載のメールアドレスに研修参加のURLを送信いたしますので、当日は、そのURLにアクセスすることで研修会に参加いただけます。1週間前までに研修参加のURLが届かない場合は事務局までご連絡ください。

【申込方法】
①ホームページ「申込フォーム」からの申込(メールアドレス誤りの場合、申込確認メールが返信されませんのでご注意下さい。)
  【司法分野における社会福祉士の関与の在り方を考える勉強会申込フォーム】
②添付ファイル2ページ目の「申込書」に必要事項記載し、事務局宛にFAXで送信

【お申し込み・お問合せ先】
公益社団法人北海道社会福祉士会 事務局(月曜日~金曜日 9:30~16:30)
〒060-0002 札幌市中央区北2条西7丁目 かでる2.7 4階
TEL 011-213-1313  FAX 011-213-1314   E-mail info@hokkaido-csw.or.jp

ソーシャルワーク実践研修『自殺対策セミナー』

更新日付:2021.01.20

研修のねらい

今日、個人や世帯が抱える複合的な課題に対して、制度や分野の「縦割り」や、「支え手/ 受け手」の関係を超えた、包括的な支え合いのしくみ、いわゆる「地域共生社会」の実現が求められ、市町村でさまざまな取り組みが行われています。他方、近年では年間自殺者数が減少に転じていたものの、昨年7月から増加に転じ、その中でも女性の割合が高くなっているのが特徴です。また、日本の自殺率は国際比較から見て依然として高い状況にあります。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、健康被害にとどまらず社会に甚大な被害をもたらしています。本研修では、自殺予防対策として地域社会においてどのような取り組みが可能か、また自死によって近しい人を失くした遺族にどのような支援が必要なのかを理解し、私たちに何ができるのか語り合い、考えることを通じて、いのちと人権を価値基盤としたソーシャルワーク実践の質の向上を図ることを目的としています。

日   時2021年3月14日(日)13:00~17:00
(入室受付12:30~)
会   場WEB会議ツール Zoomを利用してのオンライン
主   催公益社団法人北海道社会福祉士会 生活困難者支援委員会
後   援北 海 道
プログラム後記「プログラム」をご覧ください
定   員40名(定員になり次第締め切ります)
対 象 者・福祉・介護関係者、またはテーマに関心のある一般の方
・社会福祉士の資格を有する方
・社会福祉士を目指す学生等
受 講 費一般3,000円 ・ 会員2,000円 ・ 学生1,000円
  1,500円    1,000円     500円
*オンライン特別価格として設定します。
*北海道社会福祉士会への入会手続き中の方は、会員扱いとします。
*設備・インターネット回線の通信料は受講者負担。
申込締切 2021年2月26日(金)
申込方法 (1)当会ホームページの申込フォームからお申込みください。
(2)受講費を所定の口座(2頁記載)へお振込みください。
・受講費は原則、前払いとなります。 振込手数料は、各自ご負担
 ください。
・一度振り込まれた受講費は原則、返金いたしません。
・振込用紙は、郵便局に備え付けの「青色払込取扱票」をご使用
 ください。
 通信欄に「自殺対策セミナー」と忘れず明記してください。
(3)申込・入金確認ができた受講申込者から、事務局より順次
連絡先に URL、ミーティング ID・ パスワードをお知らせします。
資料につきましては、3月12日まで郵送及びメールにてお送り
します。

※1 講演はZoomを使用して実施予定です。パソコン、スマートフォン、タブレット等で受講可能です。事前にZoomアプリをインストールいただいておりますと参加がスムーズです。
※2 事前に接続確認が必要な方は研修数日前に接続テストを行います
   (3月8日(月)、9日(火)各19:30を予定)
※3 当日連絡のつくメールアドレスを必ずご記入ください。
≪振込先≫
・郵便振替口座  02720-3-64711
・名    義  公益社団法人北海道社会福祉士会
※振込用紙は郵便局に備え付けの「青色 振込取扱票」(振込手数料各自負担)をご使用ください。

他金融機関からの振込用口座
・ゆうちょ銀行  二七九(ニナナキユウ)店(279) 当座 0064711
・名    義  公益社団法人北海道社会福祉士会
※通信欄に「自殺対策セミナー」とお書きください。

プログラム


12:30~事前に通知しているURL、ミーティングID・パスワードから各自参加
※接続確認・受講者確認等のため、時間に余裕をもって zoom ミーティングに参加 してください。
13:00~13:05開催挨拶
ガイダンス(本日の流れ、注意事項など)
13:05~14:15【講演】「生きることの包括的支援としての自殺総合対策~コロナ禍への対応を含めて~」
講師:反町 吉秀 氏 青森県立保健大学大学院健康科学研究科
社会的包摂・セーフティプロモーション研究室 教授
14:15~14:20休憩
14:20~15:30【講演】「自死遺族の支援に必要なこと」
講師:吉野 淳一 氏 日本医療大学保健医療学部看護学科 教授
15:30~15:35休憩
15:35~15:40ガイダンス
15:40~16:50【グループワーク】「私たちに何ができるか/何をすべきか」(70 分) グループワーク 45 分・発表 25 分
16:50~17:00まとめ・アンケート記載
※アンケート記載が終わった方から順次ログアウトして頂き、終了となります。

<申込・お問い合わせ先>
公益社団法人 北海道社会福祉士会事務局(月曜日~金曜日 9:30~16:30)
〒060-0002 札幌市中央区北2条西7丁目 かでる2.7 4階
TEL 011-213-1313  FAX 011-213-1314   E-mail info@hokkaido-csw.or.jp
ホームページ:http://www.hokkaido-csw.or.jp/
※ 研修当日(3月14日)は事務局休日のため、ご連絡等いただいても対応しかねます。

当日の連絡先:090-6440-1974(平田) メール seikatsu-soudan@hokkaido-csw.or.jp

2020年度基礎研修Ⅱ 実践評価・実践研究系科目について

更新日付:2021.01.20

基礎研修Ⅱ実践評価・実践研究系科目 eーラーニング・事前課題について


eーラーニング受講証明書 提出期限 2021年3月1日
「実践研究の意義と方法」
「実践研究のための記録」
「実践評価の方法」
「実践研究発表の方法」
「修了テスト」
上記4科目と修了テストをeーラーニングで視聴し、受講証明書5枚を下記研修専用メールアドレスへPDFファイルでご提出ください。
※視聴方法
日本社会福祉士会ホームページより「eーラーニング講座開講中」をクリックしてください。
 https://www.jacsw.or.jp

事前課題 提出期限 2021年3月1日
【課題】全国大会での発表を想定し、作成してください。
事前課題は、受講前学習により当日講義の理解を深める意味があります。
発表内容は、社会調査の成果を生かすか、新たなテーマで作成するものとなります。

①社会福祉士学会「個人発表」・「自主企画シンポジウム」発表共通申込書(A4・1枚)
②「個人発表」分科会発表申込書(A4・1枚)
③「個人発表」分科会 発表要旨原稿(A4・2枚)を作成する。
⓵共通申込書
⓶個人発表申込書
⓷発表要旨原稿

参考資料として、過去に開催された実際の下記大会ホームページ・募集要項も一読されることをお勧めします。
第27回社会福祉士学会 分科会発表申込要領
2019茨城大会募集要項

・提出方法 PDF化した課題を下記研修専用メールアドレスへPDFファイルでご提出ください。
      添付するPDFファイル名に、受講番号・氏名・レポート名を入れてください。
      例:K190×××× 福祉太郎 共通申込書

修了レポート 提出期限 2021年3月26日締切
講義をふまえ、事前課題①②③を精査して提出してください。

・提出先アドレス:kisokensyu@hokkaido-csw.or.jp 
      ※基礎研修専用となっておりますので、送信先アドレスのご確認をお願いいたします。
・ご不明な点、ご質問等も上記の研修用アドレスにお願いいたします。

『子ども虐待の予防と対応研修(共通プログラム)』について

更新日付:2021.01.19

日本ソーシャルワーカー連盟より『子ども虐待の予防と対応研修(共通プログラム)』開催のお知らせ

 子ども虐待への対応は一刻の猶予もない喫緊の課題です。
 日本ソーシャルワーカー連盟は、子ども虐待の予防・早期発見・早期対応には、全てのソーシャルワーカーが、その発生要因となる課題にアプローチすることが重要であると考えています。
 そこで、分野や所属を問わず、ソーシャルワーカーが日常業務を行う際に、子どもの声を聴くこと、子どもの最善の利益の考慮や家庭養育優先の原則といった子どもの人権擁護の立場に立ち、子どもの発達や家族支援の基本を理解した上で、家族全体を視野に入れたアセスメントと必要な支援が展開できるよう、研修プログラムを検討しました。
 本研修は、共通プログラムと専門プログラムの2部構成となっており、今年度は共通プログラムを先行して実施します。
 子ども虐待の防止を推進するためにも、分野を問わず、多くのソーシャルワーカーのご受講をお待ちしています。

研修名子ども虐待の予防と対応研修(共通プログラム)
日程2021年3月13日(土)~14日(日)
実施方法Zoomミーティングによるオンライン研修
受講要件以下の①~③を全て満たす者
①日本ソーシャルワーカー連盟の構成団体のいずれかに所属していること(日本社会福祉士会の場合は、都道府県社会福祉士会の会員であること)
②所属団体における基幹研修を修了していること(日本社会福祉士会の場合は、基礎研修Ⅲを修了していること、みなし修了含む)
③一定の実務経験(申込時点で3年以上)を有する者
定員185名
受講費3,500円
申込期限2021年2月11日(木)
上記の他、申込フォーム等の詳細は、本会ホームページをご参照ください。
https://www.jacsw.or.jp/ShogaiCenter/kensyu/honkai/senmon/index.html#20210313

【受付期間延長・・子どもの未来を考える勉強会04~オンライン(Zoom)~】開催のお知らせ

更新日付:2021.01.19

申込締切を延期しました。多数のご参加をお待ちしております

【目的】
 本会では、未来ある子どもたちが安心して成長できる社会の構築を図ることを目的として2016年より子ども未来部会を設置しています。本部会では、子ども家庭福祉にかかわる様々な課題に対し、セミナーや勉強会などを開催するとともに子ども家庭福祉分野に限らず他分野・他職種の方との「つながり」の創出も行っているところです。これまでも2回に亘りオンラインにてセミナー等を行い、多くの方にご参加をいただきました。さて、周産期、乳幼児期から家庭に対して、切れ目のない支援体制の構築が子育て支援や児童虐待の防止に求められています。
 第4回目となる勉強会は、道内でも先駆けてこれらを実践している千歳市における「ネウボラ」による子育て支援について、その仕組みや実践、ソーシャルワークとの連携や協働等も交えてご講演をいただくともに、参加者の皆さまとも意見交換も行ない、共に考え、そしてつながりができることを目的に開催いたします。
 オンラインでのセミナーですので、仕事や家庭の状況などで、都合が合わなくこれまで研修に参加できなかった方なども、是非ともご参加ください。
日  時2021年1月30日(土曜日)13:30~17:00(13:00受付)
会  場WEB会議ツールZoomを利用してのオンライン
※スマートフォン・タブレット・パソコンを利用しての参加と
 なります。 通信状況が安定した環境が望ましいです。
参加対象本会会員 、 子ども家庭福祉業務 の 従事者、 子ども家庭福祉や各機関との連携に関心がある方
定  員40名(定員になり次第、締め切ります)
参 加 費会員:2000円(入会申込中も含む)、非会員:3000円
学生:500円
(zoom環境設備・インターネット回線の通信料は参加者負担)
プログラム添付資料「子どもの未来を考える勉強会04開催要項」の2項「内容」をご覧下さい
申込締切2021年1月8日㈮
2021年1月15日(金)
開催要項上は1月8日締切としておりますが、15日まで受付致します

添付子どもの未来を考える勉強会04開催要項
2020子どもの未来を考える勉強会04チラシ
申込用紙

申込フォーム申込はこちらから

【日本ソーシャルワーク教育学校連盟】『こふく研』のお知らせについて

更新日付:2021.01.18

日本ソーシャルワーク教育学校連盟が主催する『こふく研』のご案内です。

【対象】福祉・介護・保育など福祉の仕事に携わっている方、福祉事業の経営者、学生、ボランティア活動に関わっておられる方、福祉に関心のある方
*初任者向けの内容ですが、経験年数や職務経験の有無に関わらずどなたでも受講していただけます
*福祉関係の資格の有無は問いません

【実施方法】Zoomウェビナーによる日時指定配信
*インターネット接続が可能なPC、タブレット端末、スマートフォン等が必要です。

【配信日】
2021年1月29日(金)16:00〜19:00
2021年1月30日(土)10:00〜13:00
2021年1月31日(日)10:00〜13:00
※3日間とも同様の内容です。

【参加費】
無料 *ただし、参加条件に要同意

内容、詳細は下記リンクを参照ください。質問は主催者へお願いいたします。

【募集終了】2020年度実践研究集会 発表者募集についてのお知らせ

更新日付:2021.01.18

「発表者」の募集受付は終了致しました。
引き続き「参加者」の募集を行っております


2020 年度実践研究集会(全道大会)において、日頃の実践活動や研究成果を発表していただける会員(個人・グループ・地区支部等)を広く募集いたしますので、「発表申込要領」をご確認の上、申込みくださいますようお願いいたします。
なお、募集多数の場合には発表分野等により選考させていただく場合があります。
また、オンライン開催に伴い、ポスター発表は募集せず「実践発表」のみとなりますので、あらかじめご了承願います。
【実践研究集会 発表申込要領】
下記の要領で実践発表の発表者を募集します。
発表資格 北海道社会福祉士会会員に限ります。
個人・グループ(委員会、部会等)・地区支部等
採用数 採用数:4~5発表
申込数 一人一発表です。
申込様式 以下の様式に必要事項を記入し申込締切までに提出してください。
①北海道社会福祉士会研究集会 申込書(様式1)
※①の様式は、下記よりダウンロードしてご利用下さい。
(ダウンロードできない場合は、事務局へお問い合わせ下さい。)
申込先 〒060-0002 札幌市中央区北2条西7丁目かでる2.7 4階
公益社団法人北海道社会福祉士会 事務局
TEL 011-213-1313(月~金9:30~16:30)、FAX 011-213-1314
E-Mail:info@hokkaido-csw.or.jp
URL:http//www.hokkaido-csw.or.jp
申込締切 郵 送:2020 年12 月25 日(金) 消印有効
FAX:2020 年12 月25 日(金) 必着
原稿(レジュメ)の提出 以下の様式に必要事項を記入し提出期限までに提出してください。
②実践研究集会原稿提出書(様式2)
③発表原稿記載様式
※②及び③の様式は、下記よりダウンロードしてご利用ください。
(ダウンロードできない場合は、事務局へお問い合わせ下さい。)
・提出されたレジュメはそのまま版下原稿として使用しますので、
Word(ワード)等で作成した鮮明な原稿を提出してください。
・別途参加者へ配布希望の資料がある場合は、様式の提出に併せてデ
ータを提出してください。
・提出いただいたレジュメ及びデータは、事前に参加者へメール(希
望者には印刷して)送付いたします。
原稿提出先及び提出期限 提出先:(上記申込先に同じ)
提出期日:2021 年1 月27 日(水) 消印有効
※送付いたしました印刷物の曜日が誤っておりました。
発 表 時間配分:一発表25分以内 ※発表数により変更あり
(発表20分、質疑応答5分)
パワーポイントなどを使用する場合はZOOM の機能(画面共有)を使用
していただきます。
※ZOOM の使用方法及び接続等に不安がある場合は、事前に接続
テスト等を行いますので、事務局までご連絡ください。

添付 実践発表者募集要項
北海道社会福祉士会研究集会申込書(様式1)~pdfファイル
北海道社会福祉士会研究集会申込書(様式1)~WORDフォーマット
実践研究集会原稿提出書(様式2)~pdfファイル
実践研究集会原稿提出書(様式2)~WORDフォーマット
発表原稿記載様式~pdfファイル
発表原稿記載様式~WORDフォーマット

【2020年度実践研究集会】開催のお知らせ

更新日付:2021.01.18

延期となっておりました実践研究集会を、下記の通り実施致します。
本集会は、魅力ある組織作りの一環として、また、会員の資質向上の機会として、本会独自に実施する、社会福祉士による社会福祉士のための実践研究集会となります。会員の皆様の参加をお待ちしています

と き2021年2月11日(木・祝)
 13:30~17:00(受付13:00)
ところオンライン(WEB会議システム「ZOOM(ズーム)」を使用)
※パソコン・スマートフォン等を利用して、自宅・職場から参加いただけます。
※通信状況が安定した環境での参加を推奨します。
※ZOOM環境設備・インターネット回線の通信料は参加者負担となります。
主 催公益社団法人 北海道社会福祉士会
参加費会  員 2,000円(入会申込中を含む)
賛助会員 1,000円(学生を含む)
一  般 4,000円
申込期限2021年1月22日(金)
申込方法〇参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXでお申込みください。
〇下記の申込フォームからも申込みできます。
プログラム(概略)【基調講演】
テーマ:「これからの社会福祉士の方向性について
~日本社会福祉士会のこれまでの取組みと未来への展望~」(仮)
講 師:公益社団法人 日本社会福祉士会 会長 西島 善久 氏
聞き手:公益社団法人 北海道社会福祉士会 相談役 竹田 匡 氏
(公益社団法人 日本社会福祉士会 理事)
【質疑応答】「西島会長と話そう!」
※参加申込時の質問にお答えします。
(当日質問の受付は行いません。)
【実践発表】(発表・質疑応答25分以内)
 ※ 募集中

○実践発表の募集につきましては、募集要項を参照してください。
〇発表者が決まりしだい、会ホームページ上でお知らせします。
 (2021年1月中旬頃を予定しています。)

詳細は下記リンクの資料を参照して下さい。

開催要項
参加申込書

【申込フォームはこちらから】
実践研究集会参加申し込みフォーム

2020年度 社会福祉士実習指導者講習会(オンライン)受講されるみなさまへ

更新日付:2021.01.08

受講内定通知をお送りしております。
同封の2020年度社会福祉士実習指導者講習会(オンライン)受講のご案内に記載の【11.事前課題】について、事前課題の様式と、講義(動画配信)動画視聴後の中間課題の様式を掲載いたしますのでご活用ください。

ページ先頭へ