ホーム > 一般向け各種情報 > Archive by category '他団体情報'

トピックス

[02]他団体情報一覧

第24回ウェルフェアカフェ in白石区

更新日付:2019.06.07

ウェルフェアカフェ(WFC)とは、高齢者福祉・医療・障がい福祉などの福祉の現場で働いている方々を対象に、分野の垣根を越こえた交流会の場所を設け、日々の業務に役立てられるように地域でのネットワーク作りを行うことを目的として毎年開催しています。今年度は対人援助をテーマとし、通算で24回目の開催となる今回は、援助職にとって大切な「利用者理解」について取り上げます。LGBTについてみなさまご存知でしょうか。札幌市を含め全国でパートナーシップ制度の導入に伴い関心が高まってきています。いま地域に相談できずに悩んでいる当事者がいるかもしれません。まず支援者の私たちが学び、理解深める機会にしませんか。前回に引き続き、障がい事業所の協力で飲み物ものやお菓子を用意しているほか、援助者のスキル向上を目的に参加者ゃ全員がファシリテーターをする新たなグループワークを企画しています。障がい・高齢等などさまざまな分野、業種の方が参加されますので、名刺やパンフレットをお持ちになって顔の見える関係をこの機会にぜひ!

開催日時2019年6月26日(水)18:30~20:30
飲食代300円(当日受付で飲食代のお支払をご協力お願い致します。)
持ち物名刺20枚以上・名札(事業所のパンフレット置き場もあります)
申込締切6月12日(水)まで※事前の申し込みが必要です。
場所/th> 白石区複合庁舎白石区民センター区民ホール(新庁舎5階)
(白石区南郷通1丁目南8)地下鉄白石駅6番出口直通有料駐車場隣接

日本家族療法学会 北海道大会

更新日付:2019.05.24

会期2019年6月28日(金)
29日(土)・30日(日)
会場北星学園大学
北海道札幌市厚別区
大谷地西2-3-1

詳細は下記のリンクよりご確認ください

北海道医療大学看護福祉学部学会 第16回学術大会

更新日付:2019.05.14

『子どもの未来につなぐ医療・福祉・教育 - 医療的ケア児の学齢期の支援を考える - 』
近年、『医療的ケア』を必要とする子どもの数が、増加傾向にあります。この子どもたちの自宅や学校での生活を支えるには、様々な支援が必要不可欠です。しかし実際には、家族の大きな負担、保育施設等の受け入れ先や遊び・体験の場が限られていること、就学や進学先の問題など、解決すべき多くの課題が存在すると言われています。そこで今大会においては、学齢期に焦点をあて、多面的視点から医療的ケア児の医療・福祉・教育について考えます。
講演として、病気や障がいをもつ子どもときょうだい、家族を対象とした日本初医療ケア付自然体験施設「そらぷちキッズキャンプ」の取り組み、また手話落語の第一人者の方から医療と福祉への想いについて、シンポジウムでは、学齢期の各分野に係わる方々から、支援の実際と課題等についてご報告を頂きます。
医療的ケア児の豊かな生活を築くための支援あり方等について、保健医療福祉、教育に係わる方はじめ市民の皆様と共に考え,語り合い,有意義な時間としたいと思います。多くの方のご参加をお待ちしております。

第16回学術大会長 白石淳 北海道医療大学看護福祉学部

日時2019年9月14日(土)
10:00~16:30(受付:9:30~ アスティ45 16階)
会場北海道医療大学 札幌サテライトキャンパス・ACU
札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45
参加費〔学術大会〕事前申込:会員2,000 円,非会員2,500 円/当日申込:一律3,000 円
(午前の部のみ参加の場合は無料)
*学生(大学院学生を除く)無料(事前・当日申込とも)
〔情報交換会〕参加費:参加費3,500円(要事前申込)
事前参加申込期限2019年8月30日(金)
事前参加申込方法詳細は、学会ホームページをご覧ください。
研究発表申込2019年6月28日(金)まで。申込方法は、学会ホームページをご覧ください。

第 15 回 日本社会福祉学会フォーラム

更新日付:2019.03.01

「軋む社会とセーフティネット」
― 転げ落ちない社会の構築を目指して ―

昨年、福岡で開催された第 14 回フォーラムは、『サービスの質の向上と福祉経営―市場化における社会福祉の独自性を問う』と題し、福祉サービスの向上とそのあり方、実現のためのシステムや方法、組織づくりや人材育成などについて福祉経営の観点から検討された。
人口減少社会、超少子高齢社会の到来、地域格差のさらなる顕在化、コミュニティの弱体化等が進展し社会に軋みが生じているなか、私たちは、地域共生社会の実現、地域包括ケアシステムの深化等を推進していかなければならない。その際、地域力の強化、コミュニティの再生、コミュニティ・リジリエンスの醸成等々が一大課題になる一方、セーフティネットの再検討、再分配政策の問い直し、支え合いの財政戦略等々も重要課題であると考えられる。
今回のフォーラムでは、福祉財政をひとつの鍵概念に、軋む社会から転げ落ちない社会へのシフトチェンジを、基調講演とシンポジウムを通じ、参加者全員で考えていきたい。

日時2019 年 3 月 9 日(土) 13:00~17:00(受付 12:00~)
会場 北星学園大学 C500教室(C 館 5 階)
北海道札幌市厚別区大谷地西 2-3-1
札幌市営地下鉄東西線大谷地駅から徒歩 8 分
対象 一般社団法人日本社会福祉学会会員及び、会員以外の方でテーマに関心のある方
参加費 1,000 円(web による事前受付を行った方は、指定口座へ事前支払いができます。 なお、当日、受付にてのお支払いも可能です。)
*但し、学生(大学生・大学院生)の方は、会員・非会員を問わず、参加費を免除しますので、受付で学生証をご提示ください。
申し込み方法 web にて事前参加申込を受け付けます。
2019 年 2 月 12 日(火)までお申し込みください。
詳細は、学会 HP をご確認ください。
*参加証等はお送りいたしません。
*手話通訳が必要な方は、事前(2019 年 2 月 12 日(火)まで)にご連絡ください。
*当日参加も可能です。

詳細は下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください

第1回北海道医療ソーシャルワーカー協会 全道大会

更新日付:2018.12.12

「自己決定の再考」~スローガン実践の脱却~


日時:2018 年 12 月 22 日(土)
10:30-17:00
会場:かでる2・7(札幌市中央区2条7丁目)
定員:先着150名様
参加費用:2,000円 ※ 学生無料

第10回全国若年認知症フォーラムin北海道・札幌

更新日付:2018.12.05


2019年3月10日(日)
会場:札幌市教育文化会館大ホール
札幌市中央区北 1 条西 13 丁目
時間:10:00~16:00 (9:30 開場・受付)
資料代:500 円
申し込み締切:平成31年2月22日

高次脳機能障害リハビリテーション講座

更新日付:2018.11.13


日時:2018年12月15日(土)
13:30~16:30(受付 13:00~)
会場:北海道大学学術交流会館 講堂
参加費無料・申し込み不要

第6回『災害福祉学習会』災害福祉を学ぶシリーズ研修会②

更新日付:2018.11.12

『災害福祉学習会』は、障がいのある方や障害福祉サービス事業所等の防災、災害時支援を学び、「災害派遣福祉チーム」の創設を目指す有志による学習会。これまで、参加者の取り組み共有や、事業所の防災計画、備蓄食などをテーマに開催しています。
平成 30 年度は「災害福祉を学ぶシリーズ研修会」として、3 回にわたって研修会を開催していきます。今回は、北海道胆振東部地震の影響により延期となっておりました第6回を下記の通り、開催いたしますので、ご興味のある方は、どうぞご参加ください。

日時平成30年12月15日(土) 14:00~16:00(開場 13:30)
場所市民活動プラザ星園 2階 中会議室(中央区南8条西2丁目)
※駐車場が少ないため公共交通機関でお越しください。
※最寄駅:地下鉄南北線中島公園駅、東豊線豊水すすきの駅
内容「社会福祉法人南富良野大乗会における平成28年台風・水害への対応について」
社会福祉法人南富良野大乗会 障がい福祉サービス事業所 なんぷ~香房 課長 加藤 友和氏
平成 28 年夏に北海道に相次いで上陸した台風とその後の水害への対応について、障害福祉サービス事業所としてどう対応し、どう乗り越えてきたのか、実際に対応に当たった社会福祉法人南富良野大乗会から講師をお招きします。
「被災当初の対応は?」「どのような避難生活だったのか?」「事業継続の重要性」や「地域との結びつき」など、講師から実体験に基づくお話を聴き、今求められる対策を学びます。
また、胆振東部地震への対応についてもお話にいただく予定です。
定員40名
※先着順、定員を超えた場合はメールにてお知らせ致します。
費用無料
申込み必要事項をご記入の上、メールにてお申込み下さい。
① 氏名 ②所属 ③連絡先(mail 又は電話番号)
deraxyz@yahoo.co.jp

2018 年度 日本ソーシャルワーク教育学校連盟北海道ブロック 社会福祉教育セミナー

更新日付:2018.10.25

地域共生社会の実現に向けたソーシャルワーク専門職養成のこれから

~社会福祉士養成課程の見直しを踏まえた教育と実践の課題~

2018 年 3 月 27 日、社会保障審議会福祉部会福祉人材確保専門委員会の報告書「ソーシャルワーク専門職である社会福祉士に求められる役割等について」が公表されました。これは、2016 年 12 月以降に行われてきた、地域共生社会の実現に向けて求められるソーシャルワークの機能やその中で社会福祉士が担うべき役割、多様化・複雑する地域の課題に対応できる実践力の強化のための方策に関する検討内容をとりまとめたものです。
この内容を受け、2018 年度中に社会福祉士養成課程の見直しが予定されていますが、先の報告書における社会福祉士養成課程の見直しの目的は、社会背景の変化とそれに基づく政策動向を受け、今日の多様化・複雑化する福祉課題に対応するためにソーシャルワーク機能を発揮できる実践能力を備えた社会福祉士を養成することにあります。そのための主要な論点として、①演習・実習の充実・見直し、②教員研修および実習指導者要件の見直し、③個別支援と地域支援を一体的に展開できる人材養成のための教育課程全体の見直し等があげられています。
さらに、実習施設の範囲や巡回指導のあり方に関する見直しも予定されています。加えて、今回の養成課程の見直しは、2021 年度を目処に実施が目指されている「新たな共通基礎課程」の動向とも関係しており、その内容は多岐にわたることが考えられます。
上記の社会福祉士養成課程の見直しは、今後見込まれる精神保健福祉士養成課程を含めたソーシャルワーク専門職養成教育および現場実践に大きな変化をもたらすと予測され、教育と実践にとっては、従来の考え方や方法を転換・刷新することが求められる側面も含んでいると言えるものです。
そこで、2018 年度の社会福祉教育セミナーは、社会福祉士養成課程見直しの動向を踏まえつつ、そこからみえるソーシャルワーク専門職の教育と実践に今後求められるもの・課題について、関係者が一同に会し議論を行うことにより、認識の共有化に向けた一助とすることを目的に開催いたします。多くの関係者の皆様の参加をお待ちしております。
日時2018 年 11 月 3 日(土)10:00~17:30
場所北星学園大学 A 館 404 教室
札幌市厚別区大谷地西 2 丁目 3 番 1 号 地下鉄東西線大谷地駅 徒歩 5 分
対象養成校教員、実習指導者、社会福祉士、精神保健福祉士、学生、その他関心のある者
参加費1,000 円(資料代) ※学生無料
申込事務局まで E-mail または FAX にてお申し込みください。
詳細・お申し込みについては下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください

演習で分析のコツがつかめる質的研究の進め方 基本習得

更新日付:2018.10.23

  • グラウンデッド・セオリーの視座からコーディングの基本からカテゴリー化を体験
  • 量的研究の分析枠組みとの違い,コンテント・アナリシスとの関係なども含めて学べる!
  • 初心者もしっかり身につけられるプログラム!
 個々の言動から新しい所見を導く手法として期待される質的研究は、一方で看護・福祉領域では比較的新しい手法であることから、研究本来の効用が発揮されていない現実が見受けられます。質的研究を正しく理解し実践できるよう、専門の講師が丁寧に指導します。実践者の方、これから研究の指導をする方必聴のセミナーです。

札幌会場

道特会館
2018年 12月15日 (土) 13:00~17:00
2018年 12月16日 (日) 9:00~16:00

東京会場

飯田橋レインボービル
2019年 2月2日 (土)13:00~17:00
2019年 2月3日 (日) 9:00~16:00

参加料(税込)

一般 29,000円
会員 26,000円

ページ先頭へ