ホーム > 一般向け各種情報 > Archive by category '他団体情報'

トピックス

[02]他団体情報一覧

2019年度 日本学校ソーシャルワーク学会北海道ブロック研修会

更新日付:2019.08.09

教諭とスクールソーシャルワーカーの臨床力向上と協働の方法 「学校現場で活用できるSST(ソーシャルスキルトレーニング)」

 今年度の研修会は、日本におけるソーシャルスキルトレーニング(SST)の第一人者であり、SST普及協会の顧問でもあります、ルーテル学院大学名誉教授 前田ケイ先生を講師にお招きし、学校現場で活用できるSSTについての講義とワークショップを行います。
 SSTが初めての方はもちろん、SSTの理解を深めたい方、また実際にやってみたけれどもうまくいかない方など、関心のある方はどなたでも、ぜひご参加ください。
対 象小・中・高等学校教諭、養護教諭、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー、その他医療・福祉関係者
日 程2019年10月12日(土)13時~17時30分  ※受付12:30より
会 場藤女子大学 北16条キャンパス  755・756教室
札幌市北区北16条西2丁目  
地下鉄南北線「北18条駅」下車、徒歩5分
地下鉄東豊線「北13条東駅」下車、徒歩10分
参加費2,000円(学会員・学生1,000円)
定 員50名(定員を超えた場合、先着順とさせていただきます)
申し込み方法EメールかFAXにて参加をお申込みください


第 2 回 知っておきたい!多文化共生・滞日外国人ソーシャルワーク研修

更新日付:2019.08.09

2016 年に開催いたしました「多文化共生・滞日外国人ソーシャルワーク研修」の第 2 回目を開催いたします。
「国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的ちがいを認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として共に生きていくこと」を多文化共生といいます。
私たちの暮らす北海道では外国人の方が増えております。私たちは国籍や文化や言葉の「ちがい」を認めながら支えあうことが必要ではないでしょうか。

外国人の方は北海道で過ごす中でいろいろな課題や問題を抱えていることがあります。
本研修は多文化共生の視点でわたしたちソーシャルワーカーが北海道に暮らす滞日外国人の方々の生活課題・困難へのソーシャルワークを基礎から学ぶことを目的としております。

滞日外国人のクライアントが来られたとき、どのように支援を行えば良いのかご存知でしょうか?滞日外国人支援に関わっている方、関心のある方、是非ともご参加くださいませ。

日時10 月 5 日(土)
12:30~16:00
場所北海道大学 地球環境科学研究院(札幌市北区北 10 条西 5 丁目)
定員40 名
参加費無料

第8回「高齢者の終末期医療を考える会」

更新日付:2019.07.24

このたび第8回「高齢者の終末期医療を考える会」を、下記の日程にて開催させて頂く運びとなりました。
一般市民、医療・福祉関係者の方々に広くご参加頂けましたら幸いでございます。
ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席賜りますようご案内申し上げます。

日 時令和元年8月10日(土)13:00~16:00
会 場札幌サンプラザ 2階「金枝の間」
札幌市北区北24条西5丁目
TEL:011-758-3111
参加費無料。 事前登録は不要です。
詳細は下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください

2019年度スクールソーシャルワーカー基礎研修

更新日付:2019.07.18

スクールソーシャルワーカーが求められる力を発揮するためには、ソーシャルワークの技術・知識を欠かすことはできません。本研修は、ソーシャルワークの基礎とそれを活用した効果的なスクールソーシャルワーク(SSW)の習得を目的としています。SSWとは何か、ソーシャルワーカーに求められる役割とミクロ・メゾ・マクロのアプローチなど、基礎的な内容を学ぶ機会にぜひご参加ください。

第1回 宮城会場

日時 2019 年 10 月 5 日(土) 10:00~17:30
2019 年 10 月 6 日(日) 9:30~17:00
会場 東北福祉大学 仙台駅東口キャンパス
宮城県仙台市宮城野区榴岡 2-5-26 ※JR 仙台駅東口から徒歩 5 分
受講費15,000円(+別途テキスト代)
定 員各100名
申 込日本ソーシャルワーク教育学校連盟の専用WEBフォームよりお申し込みください。
(SSW事業HPからもアクセス可能です)

第2回は東京会場を予定しています
2020 年 1 月 12 日(日)、13 日(月・祝)日本ソーシャルワーク教育学校連盟 研修室
(東京都港区港南 4-7-8 都漁連水産会館 6 階)

令和元年度 福祉用具プランナー研修

更新日付:2019.07.17

「公益財団法人テクノエイド協会」が提唱する、福祉用具の選択の援助、適切な使用計画の策定、利用の支援、及び適用状況のモニター・評価まで行うことのできる福祉用具の専門家で、現在、全国で約14,653名が福祉用具プランナー研修を修了しています。
・研修修了者には、テクノエイド協会理事長名による「福祉用具プランナー研修修了証書」が交付されます。

カリキュラムと履修方法

カリキュラムは「座学」「講義」「実技」「演習」「修了試験」計 100.5 時間で構成されます。
【座 学】48.0時間…eラーニング研修(パソコン等の機材でのインターネット学習)
履修期間:令和元年 10 月 1 日(火)~12 月 2 日(月)
【集合研修】52.5時間…集合研修3回・計7日間(於 札幌市)
第1回:令和元年12 月 7 日(土)~ 12 月 8 日(日)
第2回:令和 2 年1月18 日(土)~ 1月19 日(日)
第3回:令和 2 年 2 月 22 日(土)~ 2 月24 日(月)

受講要件

以下の3つが受講の要件です。詳細はホームページにてご確認下さい。
①指定福祉用具貸与事業所又は指定特定福祉用具販売事業所において、福祉用具専門相談員としての業務に従事している方又は従事した経験のある方(※)で、研修修了試験実施日(令和2年2月24 日)において、福祉用具専門相談員業務または福祉用具関連業務に2年以上従事した経験がある方
(※)福祉用具関連業務に従事しているあるいは従事したことのある看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員等も含む
②個人用メールアドレスを持ち、インターネット及び一定のスペックを満たすパソコン等の機材が使用できる環境にある方
③北海道在住の方

受講費用

○福祉用具プランナーテキスト代およびeラーニング受講料:合計20,000円(税込)
※インターネットに係る通信料(回線料)は、受講料には含まれません。
※集合研修の受講料は無料です(集合研修に係る旅費については各自負担)。

募集定員

50名(申込者多数の場合は選考にて受講者を決定します)

申込手続き

「受講申込書」「実務経歴証明書」「資格取得証明書(写)」の3点を、下記まで郵送して下さい。
申込受付期日:令和元年 7 月12 日(金)~令和元年 8 月 19 日(月)まで 当日消印有効

2019年度 日本ソーシャルワーク教育学校連盟北海道ブロック 社会福祉士・精神保健福祉士養成課程における教育内容等の見直しに係る意見交換会

更新日付:2019.07.04

6 月 28 日(金)、厚生労働省より 2021 年度からのスタートを予定した新たな社会福祉士・精神保健福祉士養成のカリキュラム(案)が公表されました。
今回の教育内容等の見直しは、「ソーシャルワーク専門職としての社会福祉士/精神保健福祉士」の養成という認識が前提となっており、新たなカリキュラム(案)においてはソーシャルワーク専門職として必要な「共通科目の増加」が大きなポイントになっています。今後、養成校においては、これまで以上に「講義・演習・実習」の連動性の強化等が求められるとともに、社会福祉士養成課程では実習時間及び形態の変更への対応も必要です。また、社会福祉士・精神保健福祉士養成課程における共通テーマとして、地域共生社会の実現を念頭に、「ソーシャルワーク実習」は地域における多職種・多機関連携を踏まえた「総合的かつ包括的支援」を学修できるものとすること、さらには、今まで以上に個別支援に止まらず、社会資源の開発や地域づくり等の地域への支援について学修できること等が求められています。
新たな社会福祉士・精神保健福祉士養成課程の実施に係る改正通知の内容や手続き等は、今後、厚生労働省より随時公表される見込みです。そこで「見直しのポイント」と「カリキュラム(案)」が示された現段階において、一度、国家資格制度が目指す養成教育の方向性について関係者間で理解を共有しつつ、社会福祉士・精神保健福祉士養成において今後取り組むべき教育課題を整理する一助とする目的で本意見交換会を開催いたします。関係者の皆様の参加をお待ちしております。

日時2019 年 8 月 4 日(日)13:00~15:00(最大でも 15:30)
場所北星学園大学 C 館 402 教室
対象社会福祉士・精神保健福祉士養成校教員、実習指導者(見込みの者を含む)
社会福祉士・精神保健福祉士、社会福祉士・精神保健福祉士養成教育に関心のある者
参加費無料
申込事務局まで「氏名」「所属」を E-mail にてお申込みください【7 月 30 日(火)まで】

詳細・申込先は下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください

講演会「児童虐待悲劇は防げるか」

更新日付:2019.07.03


日時
2019年7月16日 18:30~20:30(17:45開場)

会場
かでる2.7(820号室)
札幌市中央区北2条西7丁目道民活動センタービル

費用
1,000円

定員
120名

詳細・申込方法は添付資料にてご確認ください

第24回ウェルフェアカフェ in白石区

更新日付:2019.06.07

ウェルフェアカフェ(WFC)とは、高齢者福祉・医療・障がい福祉などの福祉の現場で働いている方々を対象に、分野の垣根を越こえた交流会の場所を設け、日々の業務に役立てられるように地域でのネットワーク作りを行うことを目的として毎年開催しています。今年度は対人援助をテーマとし、通算で24回目の開催となる今回は、援助職にとって大切な「利用者理解」について取り上げます。LGBTについてみなさまご存知でしょうか。札幌市を含め全国でパートナーシップ制度の導入に伴い関心が高まってきています。いま地域に相談できずに悩んでいる当事者がいるかもしれません。まず支援者の私たちが学び、理解深める機会にしませんか。前回に引き続き、障がい事業所の協力で飲み物ものやお菓子を用意しているほか、援助者のスキル向上を目的に参加者ゃ全員がファシリテーターをする新たなグループワークを企画しています。障がい・高齢等などさまざまな分野、業種の方が参加されますので、名刺やパンフレットをお持ちになって顔の見える関係をこの機会にぜひ!

開催日時2019年6月26日(水)18:30~20:30
飲食代300円(当日受付で飲食代のお支払をご協力お願い致します。)
持ち物名刺20枚以上・名札(事業所のパンフレット置き場もあります)
申込締切6月12日(水)まで※事前の申し込みが必要です。
場所/th> 白石区複合庁舎白石区民センター区民ホール(新庁舎5階)
(白石区南郷通1丁目南8)地下鉄白石駅6番出口直通有料駐車場隣接

ページ先頭へ