ホーム > Archive by category '一般向け各種情報'

トピックス

一般向け各種情報一覧

2019年度「社会福祉士全国統一模擬試験」

更新日付:2019.08.20

本模擬試験は、自宅受験や団体受験など複数の受験方法を選択することができます。
ご自身の学習状況や当日の試験の実施方法やマークシートの記入方法を確認するなど試験当日の雰囲気を確認し、受験勉強を始める動機づけに役立てることもできます。
また、集合受験では、会場を選択することができ、本会の模擬試験の特徴となっております。

詳細・申込用紙は下記リンクをクリックし、PDFにてご確認ください

子どもの未来を考えるセミナー in はこだて

更新日付:2019.08.20

※ 会場の住所に誤りがございました。正しくは「函館市本町33-2」です。

子どもの貧困、いじめや不登校、児童虐待、社会的養護、障がい児支援、親や世帯の複合課題などと制度をまたいで課題が山積するなか、本会では、未来ある子どもたちが安心して成長できる社会の構築を図ることを目的として2016年より子ども未来部会を設置しています。
本部会では、子どもの福祉に関わる様々な課題に対し、専門職である社会福祉士が出来ることを軸のひとつとして、セミナーや学習会などを開催するとともに「つながり」の創出も行なっているところです。
これからの「子どもの支援」においては、妊娠期からの切れ目のない支援や包括的な分野を横断した各機関の連携強化が求められていますが、必ずしも十分には機能せず、虐待により幼き命が失われるという悲しい既知の事実もあります。
初めての地方都市開催となる第3回目の本セミナーは、『チャイルドファーストはこだて』(医療、福祉、教育、行政、司法などと子どもに関連する職種が参加する勉強会)に携わっている函館中央病院 小児科医長である石倉亜矢子氏をお招きし「周産期からの連携」について、これまでの実践や課題などについてご講演をいただくともに、地域において子どもの支援に携わっている方々と「多機関連携のあり方」について意見交換も行ない、関心のある皆様と一緒に考え、つながりができることを目的に開催いたします。

日時 2019年9月1日(日) 10:00から17:00まで
会場 社会福祉法人函館厚生院 函館中央病院 南棟8階 講堂 (函館市本町33―2)
参加対象 本会会員、子ども家庭福祉や医療に携わる方、各機関との連携に関心がある方
定員 80名(定員になり次第、締め切ります)
参加費 会員:2,000円(入会申込中も含む)
非会員:3,000円
学生:無料
申込締め切り 2019年8月23日(金)
申込方法 (1)所定の「参加申込書」に必要事項をご記入の上、「郵便振替払込受領証」の写しを添付しFAXまたは郵送にてお申込み下さい。
(2)参加費を所定の口座へお振込みください。
・参加費は原則、前払いとなります。
・一度振り込まれた参加費は原則、返金いたしません。
・振込用紙は、郵便局に備え付けの「青色払込取扱票」をご使用ください。
・振込手数料は、各自ご負担ください。
・通信欄に「子どもの未来を考えるセミナー」と忘れず明記してください。

基礎研修Ⅱを受講されているみなさま

更新日付:2019.08.19

10月の北見会場が確定いたしましたのでお知らせいたします。

 日 程 :令和元年10月19日(土)
 会場名 :東地区公民館
 住 所 :北見市春光町6丁目1番22号
 電 話 :0157-25-6522

2019年度基礎研修Ⅰ

更新日付:2019.08.19

2019年度基礎研修Ⅰの開催要項をご覧ください。
詳細は以下のファイルでご確認ください。
申込締切:9月6日(金)

2019年度 日本学校ソーシャルワーク学会北海道ブロック研修会

更新日付:2019.08.09

教諭とスクールソーシャルワーカーの臨床力向上と協働の方法 「学校現場で活用できるSST(ソーシャルスキルトレーニング)」

 今年度の研修会は、日本におけるソーシャルスキルトレーニング(SST)の第一人者であり、SST普及協会の顧問でもあります、ルーテル学院大学名誉教授 前田ケイ先生を講師にお招きし、学校現場で活用できるSSTについての講義とワークショップを行います。
 SSTが初めての方はもちろん、SSTの理解を深めたい方、また実際にやってみたけれどもうまくいかない方など、関心のある方はどなたでも、ぜひご参加ください。
対 象小・中・高等学校教諭、養護教諭、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー、その他医療・福祉関係者
日 程2019年10月12日(土)13時~17時30分  ※受付12:30より
会 場藤女子大学 北16条キャンパス  755・756教室
札幌市北区北16条西2丁目  
地下鉄南北線「北18条駅」下車、徒歩5分
地下鉄東豊線「北13条東駅」下車、徒歩10分
参加費2,000円(学会員・学生1,000円)
定 員50名(定員を超えた場合、先着順とさせていただきます)
申し込み方法EメールかFAXにて参加をお申込みください


第 2 回 知っておきたい!多文化共生・滞日外国人ソーシャルワーク研修

更新日付:2019.08.09

2016 年に開催いたしました「多文化共生・滞日外国人ソーシャルワーク研修」の第 2 回目を開催いたします。
「国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的ちがいを認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として共に生きていくこと」を多文化共生といいます。
私たちの暮らす北海道では外国人の方が増えております。私たちは国籍や文化や言葉の「ちがい」を認めながら支えあうことが必要ではないでしょうか。

外国人の方は北海道で過ごす中でいろいろな課題や問題を抱えていることがあります。
本研修は多文化共生の視点でわたしたちソーシャルワーカーが北海道に暮らす滞日外国人の方々の生活課題・困難へのソーシャルワークを基礎から学ぶことを目的としております。

滞日外国人のクライアントが来られたとき、どのように支援を行えば良いのかご存知でしょうか?滞日外国人支援に関わっている方、関心のある方、是非ともご参加くださいませ。

日時10 月 5 日(土)
12:30~16:00
場所北海道大学 地球環境科学研究院(札幌市北区北 10 条西 5 丁目)
定員40 名
参加費無料

基礎研修Ⅲを受講されているみなさま

更新日付:2019.08.06

修了課題の返却について

下記3つの科目につきましては11月の研修時に各会場で返却いたします。
再提出が必要な方へは個別にご連絡させていただきます。
研修開催前までに連絡がない場合は合格となります。
・ソーシャルワーク理論系科目
・実践評価・実践研究系科目
・権利擁護・法学系科目

下記2つの科目につきましては終了証と一緒に返却いたします。
再提出が必要な方へは個別にご連絡させていただきます。
・地域開発・政策系科目
・人材育成系科目

2019年度 地域包括支援センターネットワーク実践力養成研修

更新日付:2019.07.27

※日程が確定いたしましたのでお知らせいたします。

地域包括支援センターの主要な業務の一つとして、ネットワーク構築業務があります。地域における生活支援を進めるにあたっては、当事者、家族、地域住民、民生委員、専門職、行政等、地域の関係者とのネットワークを構築することになりますが、その組織化自体に目的があるのではなく、「地域を基盤としたソーシャルワークを展開するためのネットワーク構築・活用」という視点が重要となります。
そこで、北海道社会福祉士会では、地域包括支援センター職員や関係者の方々が、地域を基盤とするソーシャルワーク実践をおこなうために必要となるネットワーク構築・活用のスキルを習得すること目的に研修会を開催します。

日程 前期:2019年 9月7日(土) ~ 9月8日(日)
後期:2019年12月 1日(日)
会場 旭川市ときわ市民ホール(旭川市5条通4丁目)
受講要件 (1)(2)のすべてを満たす方
(1)カリキュラムの全課程を出席できる方
(2)事前課題、中間課題を提出できる方
● 受講にあたって ●
※中間課題には、自らの地域でのネットワーク構築の企画、試行、報告等が含まれます。
※課題が提出されない場合、研修は継続できなくなります。
※課題について、修了評価の基準に達しない場合は、課題の再提出を可能としますが、それでも修了評価の基準に達しない場合は、研修を修了できないことになります。
※演習では地域包括支援センター事例を活用します。
対象者 ・地域包括支援センター(サブセンター・ブランチ含む)職員、市町村職員、
・社会福祉協議会職員等地域を基盤としたソーシャルワークを実践している方
・居宅介護支援事業所の主任介護支援専門員等地域での活動を期待されている専門職の方
・生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)
・地域づくりコーディネーター、地域生活移行支援コーディネーター(障がい者分野)
*演習等は地域包括支援センターの事例を使う予定ですが、市町村職員、社会福祉協議会職員の方もぜひご参加ください。
定員 30名(先着順)
受講費 社会福祉士会会員:20,000円
会員以外:30,000円
※社会福祉士会会員には入会手続中の方も含みます。
※受講費には、全日程の資料代を含みます。食費・宿泊費・旅費は含みません。
宿泊・昼食 各自手配をお願いします。
申込方法 所定の「受講申込書」に必要事項を記入の上、FAXもしくは郵送にてお申し込みください。
(電話での申し込みは、受け付けておりません)。
申込期限 8月26日(月)まで(先着順)
※申込締切日前でも定員となり次第、締め切ります。

北海道福祉サービス第三者評価事業2019年度評価調査者養成研修会

更新日付:2019.07.26

この研修会は、北海道福祉サービス第三者評価実施要綱第9条第1項第1号に規定する評価調査者養成研修として、評価調査者の養成を図ることを目的とします。

日時 【1日目】2019年 9月14日(土) 午前9時30分から午後5時30分まで
【2日目】2019年 9月15日(日) 午前9時30分から午後5時30分まで
【3日目】2019年10月 2日(月)~11月 1日(金)のうちの1日(10:00~17:00)
【4日目】2019年11月 2日(土) 午前9時30分から午後5時30分まで
会場 かでる2.7 5階 520研修室など(1日目、2日目及び4日目)
(札幌市中央区北2条西7丁目)
分野別現場実習(3日目)は北海道内の実習協力施設で実施
受講対象者 次のいずれかの要件に該当する方(詳しくは別表2を参照)
a-1 組織運営管理業務を3年以上経験している者
a-2 組織運営管理業務を3年以上経験している者と同等の能力を有していると認められる者
b-1 福祉、医療、保健分野の有資格者で、当該業務を3年以上経験している者
b-2 福祉、医療、保健分野の学識経験者で、当該業務を3年以上経験している者
b-3 福祉、医療、保健分野の有資格者若しくは学識経験者で、当該業務を3年以上経験している者と同等の能力を有していると認められる者
※両方に該当する方は、c(a+b)という資格要件となりますので、申込書のc欄にチェックして下さい。
受講定員 60名(受講申込みが定員を超える場合は、受講をお断りする場合があります。)
また、新規受講者が9名に満たない場合、演習・実習ができないため研修を中止する場合があります。
受講料 ①初めて受講する方            32,400円(消費税込)
②第1日目または第2日目のみ受講の方   8,100円(消費税込)
③第1日目と第2日目の両日受講の方    16,200円(消費税込)
※ 実習等にかかる交通費等の実費は、各自で負担していただきます。
※ 自己の都合により必要な全課程を受講できなかった場合でも、受講料は返還しません。
受講申込の方法 (1)申込期限(期限までに必着)
2019年8月30日(金)
※ 期日までに申込みがない場合は、いかなる理由があっても、受講することはできません。
(2)申込方法
同封の①申込書に必要事項を記入の上、②顔写真(カラー・縦3cm×横2.5cm)と、③受講資格要件を証明する書類(「勤務証明書」・「資格証」の写し。詳細は別表2を参照のこと)を添付して提出してください。
※ 写真は携帯版評価調査者証に使用します。写真の裏に氏名を必ず記載して下さい。過去に継続研修を受講された方についても写真は必要です(評価調査者証には、「組織」「福祉」「総合」の区分、「保育・障がい・高齢・救護」の区分を新たに印字します。)。

自己評価研修会(社会的養護関係施設編)

更新日付:2019.07.26

~施設の職員の皆さんと第三者評価調査者が学び合う~
福祉サービス第三者評価基準を活用した自己評価研修会(社会的養護関係施設編)

社会的養護関係施設は、平成24年度から毎年の自己評価及び3年間に1回の第三者評価の受審が義務化され、今年は3クール目の中間年度となりますが、第三者評価の受審については、毎年の自己評価をいかに生かすかが重要と考えます。
施設の職員の皆さんと第三者評価調査者が学び合うことで、毎年の自己評価が充実したものとなるよう、本研修会を以下のとおり開催いたします。
日時2019年(令和元年)8月17日(土)10:00~17:00
会場道立道民活動センター「かでる2.7」 7階 730研修室
(札幌市中央区北2条西7丁目)
・JR札幌駅南口・徒歩13分
・地下鉄南北線・東豊線「さっぽろ駅」10番出口から徒歩9分
・地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通駅」2番出口から徒歩11分
・JR北海道バス・中央バス「北1条西7丁目」バス停下車徒歩4分
受講対象者 ・児童養護施設、乳児院、児童心理治療施設、児童自立支援施設、母子生活支援施設、ファミリーホーム、自立援助ホームの職員及び福祉サービス第三者評価事業評価調査者
・定員 50名(定員になり次第締め切ります)
受講料5,000円
受講申込の方法 (1)申込期限
2019年(令和元年)8月9日(金)
(2)申込方法
受講料は、前払いとなります。振込票控えを申込書に添付し、FAX又は郵送でお申込ください。振込用紙は郵便局に備え付けの「青色 振込取扱票」
(振込手数料 各自負担)をご使用ください。
(3)受講票について
受講料の納入を確認できた方から、順次受講票を送付します。受講票は、受講当日に必ずご持参ください。

ページ先頭へ