ホーム > Archive by category '一般向け各種情報'

トピックス

一般向け各種情報一覧

【道央地区支部】会員サロンのご案内

更新日付:2020.01.20

会員サロンをご案内します。会員サロンは、会員等が集い、情報収集等を行うことで社会福祉士としてのアイデンティティを確認するとともに、参加者が交流の機会を通じて、分野を超えたネックワークを広げることを目的にしています。皆さんの参加をお待ちしています。

日時2 月 22 日(土)10 時~12 時
会場札幌市社会福祉総合センター 視聴覚室(4階)
(札幌市中央区大通西19丁目
地下鉄東西線「西18丁目」駅下車 徒歩5分)
参加費本会会員・学生は無料。非会員は 500 円
(当日、受付にていただきます。)
定員50 名(早めにお申し込みください。)
参加申込2 月 15 日(土)までにFAX(011-261-4144)にて下記の参加申込書をご送付ください。

詳細・申込用紙は下記リンクをクリックし、PDFにてご確認ください

【道央地区支部】「地域・組織・個別のアセスメント力向上研修会」

更新日付:2020.01.20

~私達って何者なの、包括の存在意義を考える~

社会情勢は刻々と変化し、私達が目指すべき地域包括ケアシステムの形も、地域共生社会・1億総活躍社会など新たな概念が導入され、目指すべき姿も変わりつつあります。当然のことながら市町村によって地域包括支援センターに求められる役割は異なると思いますが、日々目の前の業務に集中するあまり、地域包括支援センターが目指すべき目的や目標を見失ってはいないでしょうか?
今回の研修は、自己評価ワークブックを使いながら、地域アセスメント・組織アセスメントの基礎を学び、日々の仕事を振り返りたいと思います。地域包括支援センター職員はもちろん、社会福祉協議会等の地域支援に従事されている方にとっても有益な学びになることと思います。多数のご参加をお待ちしております。
受講料:会員 500円(入会手続き中の方を含む)
非会員 1,000円
日時令和2年2月15日(土)
9:30~11:30 (9:15~受付開始)
場所札幌市中央区大通西19丁目1番1号(地下鉄東西線西18丁目駅1番出口徒歩5分)
社会福祉総合センター 4階 視聴覚室
対象地域包括支援センターに勤務する職員
社会福祉協議会等の地域支援に従事する職員 その他,地域支援に興味がある方
定員50名(先着順。お断りさせていただく場合のみご連絡させていただきます)
申込方法申し込み用紙に必要事項をご記入の上、令和2年1月31日(金)までにFax願います。
詳細・申込用紙は下記リンクをクリックし、PDFにてご確認ください

【オホーツク地区支部】社会福祉セミナーin北見

更新日付:2020.01.20



日時2020年2月1日(土)
午後2:00~3:30
会場芸術文化ホール中ホール
参加費無料
参加をご希望の方は1月24日(金)までにお申し込みください。
詳細・申込用紙は下記リンクをクリックし、PDFにてご確認ください。

ソーシャルワークアセスメントスキルークライエントの全人的理解を目指してー

更新日付:2020.01.16


日時2020年3月7日(土) 10:00~16:00
会場札幌市教育文化会館 研修室403(札幌市中央区北1条西13丁目)
申込方法メールにてご連絡ください。
締め切り2020年2月14日(金)

日本ソーシャルワーク教育学校連盟北海道ブロック 2019 年度 ソーシャルワーク教育研修会

更新日付:2020.01.16

スピリチュアルペインに寄り添うソーシャルワーク支援
―ソーシャルワーカー養成教育において大切にされるべきことを考える―

ソーシャルワーカー倫理綱領の改定が進められています。改正倫理綱領(原案)では、6つ目の原理において、「ソーシャルワーカーは、すべての人々を生物的、心理的、社会的、文化的、スピリチュアルな側面からなる全人的な存在として認識する」と明記され、従来のバイオ・サイコ・ソーシャルの視点に加えスピリチュアルな視点が示されました。
柏木哲夫は、スピリチュアルペインの特徴を「人生の意味への問い」「苦しみの意味」「死生観に対する悩み」など7つの特徴として説明しています。終末期医療においては、患者・家族が死に向き合う中でスピリチュアルペインを経験することが多くなりますが、そのような場面だけではなく、だれであっても人生を揺るがすような生活課題に直面した時に、「何故わたしが?」という問い、「生きることの意味を見失う」といったスピリチュアルペインを経験することが少なくありません。
スピリチュアルペインにソーシャルワーカーはどのような支援ができるのか。クライエントの問いはクライエント自身が向き合うことになりますが、クライエントの痛みに思いを寄せ、共に向き合おうとする姿勢が根底に必要です。
本研修は、スピリチュアルペインに寄り添うソーシャルワークをテーマとして、ソーシャルワーカーとして求められる姿勢・支援を理解すること、加えて養成教育に関わる研鑽の機会とすることを狙いとし、「人間の尊厳」を価値とした生きることの本質を支えるソーシャルワーク支援について考えます。養成校教員、実習指導者、現任のソーシャルワーカー、ソーシャルワークを学ぶ学生など皆さまの参加をお待ちしています。
開催日時2020 年 2 月 29 日(土) 10:00~16:00(受付 9:30~)
会場藤女子大学北 16 条キャンパス 755・756 教室(玄関右エレベータ 7 階)
札幌市北区北 16 条西 2 丁目
アクセス : 南北線「北 18 条駅」下車(徒歩5分)/東豊線「北 13 条東駅」下車(徒歩 10 分)
定員50 名
参加費1,000 円(学生は無料)
参加申し込み別紙の申込用紙にてファックス又はメールにてお申し込みください。(2 月 25 日まで)
詳細・申込については下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください。

さまざまな立場で超短時間雇用を考えるフォーラム

更新日付:2020.01.16


日時2020年2月1日(土)13:00~16:00
会場札幌市生涯学習センターちえりあ 講堂
参加費無料
申込方法メールにてお申し込みください
詳細・申込については下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください。

2019年度 一般社団法人 北海道精神保健福祉士協会 専門研修

更新日付:2020.01.14

○○から△△年
続・復興支援から学ぶ精神保健福祉士のできること~一精神保健福祉士として災害を考える~

時下、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
この度、標記研修を当協会教育・研修部と社会活動・研究部の共催にて下記のとおり開催いたします。
さて、この案内を読まれている方は、○○に何を当てはめて想像し、そしてそれから何年が経過したでしょうか?
北海道の災害を当てはめてみると、2018 年 9 月 6 日に起きた北海道胆振東部地震から 1 年余りが経過しました。
今年度の当協会の全道大会では、「復興支援から学ぶ精神保健福祉士のできること~そこで暮らす人々のために~」と題し、北海道胆振東部地震への当協会会員ボランティア達の取り組みを紹介しながら、精神保健福祉士のできる復興支援について皆さんと考える機会を持ちました。
しかし、地震からの復興は未だに道半ばであり、依然として多くの方が被災前の生活から大きく変化した状況での生活を余儀なくされています。また、日本各地で豪雨や台風などの災害での被害も相次いで起き続けています。
災害は、他地域の「他人事」ではなく、常に自分の地域にも起こりうる「自分事」であり、だからこそ、「もしもの備え」ではなく、「いつもの構え」を持つことが必要なのではないでしょうか?
一地域住人として、一機関として、など様々な立場や視点で災害を考えることが必要ですが、今回は、当事者の方々の日常における生活支援を行っている我々精神保健福祉士が、一精神保健福祉士として普段から災害に対しどう構え、災害時にはどう動きながら災害支援にあたる必要があるのかを、今一度皆さんと共に考える機会としたいと思います。
多くの皆さんのご参加をお待ちしております。
日時2020 年 1 月 25 日 (土)13:30 ~ 17:45(13:00 受付開始)
会場札幌市西区民センター区民ホール
(住所:〒063-8612 札幌市西区琴似2 条7 丁目1-213階 地下鉄東西線琴似駅1 番出口徒歩5 分)
参加費研修会費:(当協会会員・学生)2,000円 (非会員)3,000円
交流会費 : 一 律 3,000円
定員50人(先着順です。定員になり次第締切ります。)
対象北海道精神保健福祉士協会会員(今年度の会費を納入済のこと)、または、精神保健福祉士有資格者、精神保健福祉士を志望する学生、精神保健福祉に関心を持つ関係者・関係機関職員 等
詳細は下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください

災害対策委員会からのお知らせ

更新日付:2020.01.06

会員の皆様
ご支援頂いた皆様

北海道社会福祉士会「災害対策委員会」では、2018年の胆振東部地震の支援活動を振り返り評価を行いました。
会員の皆様のご協力のもと、現地の要請に応える形で様々な活動に従事させて頂きました。なお、現在も続いている「生活支援復興期」の支援につきましては要請等を受けながら、その都度支援活動を継続させて頂きます。
今後も変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2020年1月6日
災害対策委員長 山口潤

年間行事予定を掲載いたしました

更新日付:2019.12.27

下記PDFにてご確認ください。

年末年始の業務案内

更新日付:2019.12.26

年末年始の業務について、下記のとおりお知らせいたします。

年末の業務⇒2019年12月27日(金)まで
年始の業務⇒2020年1月6日(月)から業務を開始いたします。

ページ先頭へ