ホーム > 一般向け各種情報 > Archive by category '他団体情報'

トピックス

[02]他団体情報一覧

平成29年度 初期支援チーム(先遣隊)研修会

更新日付:2017.08.30

平成28年度相次いで道内を襲った台風による災害では、南富良野町、新得町、清水町、芽室町に災害ボランティアセンターが設置され被災者支援活動が展開されました。日常生活や地域生活の再建を一日も早くするためには災害発生直後からの初動期における支援体制の構築を円滑に進めることが重要です。
本研修では、災害発生時の状況把握を迅速に行い、被災者支援に向けた災害ボランティアセンターの体制構築を支援する「初期支援チーム(通称:先遣隊)」への参画が期待される人材を養成することを目的に開催します。

とき平成29年12月1日(金)
ところ札幌市:北海道第二水産ビル 8AB会議室
参加対象※下記①・②を満たす社協職員、行政職員(危機管理及び災害時ボランティア受け入れ計画担当、要配慮者支援担当者など)、災害ボランティアネットワーク会議参加団体の構成員等
①北海道災害ボランティアセンターの依頼により災害発生時に初期支援チーム(先遣隊)派遣の任につける者
②平成29年度災害ボランティアコーディネーター養成・資質向上研修受講者
③災害救援活動の支援に関する協定締結済み社協(※市町村社協のみ)
※本研修受講者を災害発生時に被災地域に強制的に派遣させるものではありません。
参加経費無料
定員100名
参加申し込み 別紙「参加申込書」及び「エントリー時チェックリスト」を 11月 20日(月)までに本会
あてFAXにてお申し込みください。
なお、参加申込書に記載された個人情報は、本研修の運営管理のみに利用させていただきます。
(配布資料に氏名、所属・役職を記載した名簿を掲載いたします。)

平成29年度 災害ボランティアコーディネーター養成・資質向上研修会

更新日付:2017.08.30

平成28年の台風 10 号災害等による大雨等災害では、2000 年の有珠山噴火以降初めてとなる災害ボランティアセンターが道内4町に設置され、北海道社会福祉協議会においてもそれら災害ボランティアセンターに対する支援活動を行ってきました。相次ぐ災害への対応として、本年4月には常設型の災害ボランティアセンターである「北海道災害ボランティアセンター」を北海道社会福祉協議会に開設し、円滑な被災者支援活動の展開に向けたネットワーク構築や人材育成事業等を企画展開しています。
我が国では東日本大震災を契機に災害対策基本法が改正され、災害ボランティアとの連携(法第5条の3)や避難行動要支援者名簿の作成(法第49条の10)が明文化されたほか、本年3月には「地方公共団体のための災害時受援体制に関するガイドライン」と「広く防災に資するボランティア活動の促進に関する検討会提言」が内閣府においてまとめられるなど、災害に備えた支援体制の構築や災害時における円滑な支援活動の展開が求められています。
これらを背景に、災害ボランティアセンターの仕組み構築と災害時の多様な支援活動を生み出すボランティアコーディネーションを担う人材の育成・資質向上を目指すため、本研修会を開催いたします。

とき/ところ
  • 平成29年9月5日(火)~6日(水)
    北海道自治労会館 4Fホール
    (〒060-0806 札幌市北区北6条西7丁目5-3)
  • 平成29年9月14日(木)~15日(金)
    旭川トーヨーホテル 3F翡翠の間
    (〒070-0037 旭川市7条通7丁目32-12)
  • 平成29年9月20日(水)~21日(木)
    釧路センチュリーキャッスルホテル 3F鳳の間
    (〒085-0837 釧路市大川町2丁目5番)
  • 平成29年10月10日(火)~11日(水)
    ホテル函館ロイヤル 3Fクイーンホール
    (〒040-0034 函館市大森町16-9)
参加対象
  • 社会福祉協議会職員
  • 行政職員(危機管理及び災害時ボランティア受け入れ計画担当、要配慮者支援担当者など)
  • 災害ボランティアネットワーク会議加盟団体の構成員
  • 災害時に支援活動を行うNPO法人等のメンバー
  • その他
参加経費無料
定員各会場100名
※会場の都合により定員になった場合はお断りする場合もあります。

詳細・申込は下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください。

北海道医療⼤学看護福祉学部学会 第 14 回学術⼤会

更新日付:2017.08.23

保健医療福祉における専門性と当事者性の再考


●日時:2017年9月16日(土) 午前10:00~16:30(受付:9:30~)

●会場:北海道医療大学札幌サテライトキャンパス・ACU
住所 北海道札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 12階・16階

●プログラム
10:10~11:40
特別講演(北海道医療大学看護福祉学部同窓会セミナー共催)
「当事者研究による知識と技術のco-production」(web講演)
座長:向谷地 生良
(北海道医療大学看護福祉学部)
講師:熊谷 晋一郎
(東京大学先端科学技術研究センター/「当事者研究分野」准教授 )
11:50~12:20 総 会
13:10~15:00 シンポジウム
「保健医療福祉における専門性と当事者性を考える」
座長:向谷地 生良・佐々木 栄子(北海道医療大学看護福祉学部)
シンポジスト:土畠 智幸(医療法人稲生会理事長/医師)
寺本 圭佑(足寄町役場兼足寄町国保病院/ソーシャルワーカー)
近田 真美子(福井医療大学/准教授)
伊藤 たてお(NPO法人難病支援ネット北海道/代表)
指定発言者:熊谷 晋一郎(東京大学先端科学技術研究センター)
15:10~16:30 研究発表
17:30~ 情報交換会

●参加費
[学術大会] 事前(8月31日まで):会員2,000円, 非会員2,500円
当日:一律3,000円
(午前の部のみ:無料)

お申し込み詳細は学会ホームページをご確認ください。
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~nsgakkai/

パートナーシップ宣誓制度と性的マイノリティに関する研修

更新日付:2017.08.03

性的マイノリティの方々が抱える困難をご存知ですか?
札幌市では性的マイノリティの方も含めて誰もが自分らしく生きることができる開かれたまちへの一歩として平成29年6月1日より性的マイノリティに係るパートナーシップの宣誓制度を開始いたしました。
パートナーシップ宣誓制度が導入されることに至った背景、パートナーシップ宣誓制度とは何かについて理解します。
また、性的マイノリティに関する正しい基礎知識を学び性的マイノリティの方々が直面している課題を考えます。「多様性の尊重」についてわたしたちは何を実践するのかを確認いたします。
性的マイノリティ支援に関わっている方、関心のある方、是非ともご参加くださいませ。

日時9月30日(土) 13:30~17:00
会場北海道大学 遠友学舎 (札幌市北区北18条西7丁目)
定員50名 参加費無料です
対象者①性的マイノリティ支援に関わっている方 ②性的マイノリティ支援に関心のある方
応募方法別紙PDF申込み書に必要事項を記載の上、E-mailまたはFAXにてお申し込み下さい
お問い合わせ北海道大学病院 相談室 富田(011)706-7025
詳細、申し込みについては下記リンクをクリックし、PDFにてご確認ください

福祉用具プランナー研修

更新日付:2017.07.27

福祉用具プランナーとは、「公益財団法人テクノエイド協会」が提唱する、福祉用具の選択の援助、適切な使用計画の策定、利用の支援、及び適用状況のモニター・評価まで行うことのできる福祉用具の専門家で、現在全国で約13,850名が福祉用具プランナー研修を修了しています。研修修了者には、テクノエイド協会理事長名による「福祉用具プランナー研修修了証書」が交付されます。

履修方法 ○eラーニング研修(48.0時間)パソコン等の機材でのインターネット学習
 履修期間:平成29年9月1日(金)~10月31日(火)
○集合研修(52.5時間)スクーリング
 集合研修3回・計7日間(於 札幌市)
 第1回:平成29年11月18日(土)~11月19日(日)
 第2回:平成29年12月16日(土)~12月17日(日)
 第3回:平成30年 1月20日(土)~ 1月22日(月)
受講要件 ①指定福祉用具貸与事業所又は指定特定福祉用具販売事業所において、福祉用具専門相談員としての業務に従事している方又は従事した経験のある方(※)で、研修修了試験実施日(平成30年1月22日)において、福祉用具専門相談員業務または福祉用具関連業務に2年以上従事した経験がある方
(※)福祉用具関連業務に従事しているあるいは従事したことのある看護師・
   理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員等
   も含む
②個人用メールアドレスを持ち、インターネット及び一定のスペックを満たすパソコン等の機材が使用できる環境にある方
③北海道在住
受講費用 福祉用具プランナーテキスト代およびeラーニング受講料:合計20,000円(税込)
受講定員 50名(申込者多数の場合は選考にて受講者を決定します)
申込受付期日 平成29年8月7日(月)まで 当日消印有効

詳細・申込については下記PDFにてご確認ください。

第 22 回日本在宅ケア学会学術集会

更新日付:2017.07.10

2table clas017 年 7 月 15~16 日に第 22 回日本在宅ケア学会学術集会を北星学園大学(札幌市)において開催いたします.
第 22 回学術集会のテーマは,「地域包括ケアにおけるセーフィティ・マネジメント;人々と多職種の協働」としました.地域包括ケアの目的は,在宅で暮らす誰もが安心・満足して日々を過ごせることです.しかし,機能の低下,生活上のトラブル,ひいては災害など「もしもの時」のことを考えずして,安心は保障されません.当事者からみた「もしもの時」とは何か,備えとして,生活の中にある自助,互助の力をどう高め,共助,公助として誰と何を整えるかを考えるべく,セーフィティ・マネジメントをテーマとして掲げました.
わが国の在宅ケアの課題に対し関心を持つ皆様方で,本学会の目的である在宅ケア学の進歩と在宅療養者への多職種による実践の質の向上をめざし,学術的交流と意見交換の場となることを期待しております.

会期2017 年 7 月 15 日(土)~16 日(日)
会場北星学園大学 C 館
〒004-8631 北海道札幌市厚別区大谷地西 2-3-1(地下鉄「大谷地駅」)
参 加 費 [当日参加費] 会 員:8,000 円
非 会 員:9,000 円
大学院生:3,000 円(学生証をご提示ください。)
抄 録 集2,000 円(税,送料込)当日の購入が可能です。

2017 年度北海道ブロック施設ソーシャルワーク9機能モデル研修会

更新日付:2017.07.05

※申込締切を延長いたしました。

施設ソーシャルワーク9機能モデルを活用した相談援助実習プログラムの作成

社会福祉士養成においては、より高い実践力養成が志向され、相談援助実習は目標志向型・臨床参加型実習となってきています。こうした目標志向型の実習においては、体系的な実習プログラムが重要です。現在、最も多くの学生が実習する場である入所・通所施設での実習においては、利用者のニーズを捉えた個別支援と環境調整、サービスの質の向上、リスク管理、地域資源の活用など幅広い施設ソーシャルワークを理解することが求められています。さらに、実習生自らが「~できる」力を獲得していく為にも、施設・機関における体系的な実習ブログラムは実習を効果的に進めるにあたっての重要な要素のひとつでもあります。北海道ブロックでは 2015 年度に、実習プログラミングに焦点をあて、講演及び実習指導者・実習体験学生の体験例報告を踏まえた模擬的実習プログラミング体験を行い、効果的な実習展開の検討をおこないました。多くの実習指導者の参加をいただき、その関心の高さと、有意義な時間を実感するとともに、入所・通所施設における実習プログラミング情報の交換の機会の必要性も感じることができました。
このような経過をふまえつつ、本年度の研修では、実習プログラムの作成における RSW9機能モデルの具体的な活用についてグループワークで検討するとともに、実習関係三者にて情報交換を行うことで、質の高い実習を展開していくための一助とすることを目的とします。
開催日時2017 年 7 月 29 日(土) 13:00~17:30(受付 12:30~)
会場北星学園大学第 2 研究棟地下 第 1 会議室
対象 ① 社会福祉士養成校教員
② 社会福祉士養成に関心のある社会福祉士および実習指導者等
③ 社会福祉士養成課程で学ぶ学生
参加費現場・養成校 1,000 円(資料代)
学生 無料
定員30名程度
参加申込「参加連絡票」にて所属機関毎にお申込みください。
〆切 7月20日(木)

社会福祉士相談援助実習指導者 実習指導者情報交換会&研修会

更新日付:2017.06.23

平成29年度の社会福祉士相談援助実習が、スタートしましたね。
今年も、実習指導者情報交換会と実習指導方法研修会を企画しました
ぜひ、皆さまのご参加をお待ちしています。

日時平成29年7月8日(土)
17:30~20:00 (受付17:20開始)
会場厚別区民センター 2階 会議室A
(新札幌駅から徒歩5分)
参加費1,000円 (会場費、SW理論資料、郵送費用等
定員20名
申込締切6月30日(金)までに申し込みをメールか FAX でお願いします。
(SW理論資料を、事前にメール・郵送します。各自予習してきてください)

映画「八重子のハミング」のご紹介

更新日付:2017.06.12

下記のとおり映画の周知がありましたのでお知らせいたします。

 この映画は、アルツハイマー病を発症した妻を介護する夫婦の実話です。 机上では学べない、人とのつながりや家族のきずな、地域の人とのつながり、 人間の尊厳、アルツハイマー病・認知症への理解など、多くのテーマが込められています。

 認知症だと中高年の映画のイメージがありますが、これからの超高齢化社会を支える若者や、教員の方、そのご家族、医療福祉職の多くの方にも観ていただきたいと思います。
 家族が認知症になってしまったら、目を背けて認めたくなかったり、中には虐待的な態度をする人もいますが、それも認知症を正しく理解する機会がないからだと思うのです。
 独居の認知症の方も多くいますが、医療や介護サービスを拒否する方もいる場合、ご近所さんの助けも必要です。
 医療福祉職の方たちも、一般の方たちも、もっと認知症・アルツハイマー病への理解を深めることが必要だと感じています。

 この映画は、全国民に観てほしい映画、絶対に観る価値のある映画です。
 「八重子のハミング」は、6月17日からディノスシネマズ札幌劇場で上映されます。
 上映時間や終了時期は、6月14日以降に劇場へご確認ください。
 映画の詳しい情報は、「八重子のハミング」公式ホームページをご覧ください。

公益社団法人日本認知症グループホーム協会 北海道支部研修会

更新日付:2017.05.30

認知症とともに生きる
―認知症の人の声を認知症の人たちによって広める―

講師丹野智文氏(オレンジドア代表)
日時平成29年7月6日(木)午後19時~20時30分
受付は午後18時~
場所共済ホール(札幌市中央区北4条西1丁目) 共済ビル6階
定員650名
会費正会員1,500円、非会員2,000円申し受けます。
参加申込申込用紙に記入の上、平成29年6月30日までにFAXで日本認知症グループホーム協会北海道支部へお送りください。

認知症のご本人、ご家族の方を始め、認知症の介護に従事している方、認知症に関心のある方など広く参加をお待ちしております。

詳細・申込用紙は下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください

ページ先頭へ