ホーム > 一般向け各種情報 > Archive by category '他団体情報'

トピックス

[02]他団体情報一覧

「HIVとしごと」札幌フォーラム

更新日付:2018.08.16

7月13日に道内でHIV陽性を告知しなかったことを理由にHIVキャリアの男性が採用内定取り消しにあったことが報道で明るみになりました。このことは、HIV/AIDSという病気への偏見や差別が根本にあると考えます。
これを機会にHIV/AIDSについての正しい最新の情報を身に付け、HIV陽性者を取り巻く就労や職場での課題や問題点を一緒に考えてみませんか?

日時

平成30年8月25日(土)
18:00~20:30

場所

かでる2.7 730研修室
札幌市中央区北2条西1丁目 道民活動センタービル

参加費

1000円
学生500円

HIV/AIDSに関心のある方ならどなたでも参加できます
職場で人事採用を担当しているあなたや就労支援に携わっているあなたの参加もお待ちしています。

平成30年度 北海道高齢者虐待防止推進研修会 在宅編

更新日付:2018.08.06

※施設編は各会場定員に達したため申込みを終了しました。

平成 18 年 4 月の「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」の施行により、高齢者支援の現場においては、高齢者虐待の防止についての適切な対応や支援等の取り組みが求められています。
本研修会は、高齢者虐待の相談、防止、支援等の職務に従事する職員を対象に、高齢者虐待防止に関する理解と認識を深め、在宅における高齢者虐待への対応について学ぶことを目的に開催します。

日 時 ①札幌会場:平成30年11月19日(月) 10:30~16:00(受付開始9:30~)
②旭川会場:平成30年12月14日(金) 10:30~16:00(受付開始9:30~)
会 場 ①札幌会場:かでる2.7 1階 かでるホール(札幌市中央区北2条西7丁目1番地)他
②旭川会場:旭川北洋ビル 8階 大ホール(旭川市4条通9丁目1703番地)他
※午後の分科会は2会場に分かれて実施します。会場の振り分けは当日お知らせいたします。
参加対象 振興局保健環境部高齢者虐待防止担当職員、市町村高齢者虐待防止担当職員、地域包括支援センター職員、医療機関職員、在宅介護支援センター職員、居宅介護支援事業所職員、訪問介護事業所職員、通所介護事業所職員、その他一般
参加費2,000円(※当日、現金支払い)
定 員 ①札幌会場:400名
②旭川会場:200名
(※会場の関係上、申込みは先着順とし、定員になり次第締め切らせて頂きます。)
申込み〆切10月19日(金)
詳細は下記リンクよりご確認ください。

日本乳幼児精神保健学会 FOUR WINDS 第21回全国学術集会 旭川大会

更新日付:2018.07.24

本学会の学術集会を、初めて北海道で開催することができました。
子どもと養育者に関わるさまざまな職種の方、関心のある方等がともに学びあい、交流し、手をつなぐ機会となることを願って企画いたしました。
厳しい環境でもさまざまな種類の樹木と環境があることで美しく見える紅葉のように、ともにいることの価値を高めていけるよう、多くの方の参加を心より歓迎いたします。

会期

2018 年 9 月 29 日(土)~ 30 日(日)

会場

旭川市公会堂 〒070-0044 北海道旭川市常磐公園

参加費

事前登録 (~7/31 まで)当日登録交流会
学会員7,000 円8,000 円7,000 円
非学会員8,000 円9,000 円7,000 円
学生2,000 円2,000 円7,000 円

参加申し込み

事前登録は、7 月 31 日(火)までとなっています。
①大会ホームページにアクセスして、申し込みフォームから申し込みお願いします。
②事前参加申込に記載の上、ファックスにて送信してください。
③市民公開講座は参加費無料ですが、参加人数の制限があるため事前に申し込みをお願いします。
④手話通訳をご希望の方は、参加申し込み後、事務局内海までメールでご相談ください。

司法書士による高齢者・障がい者のための成年後見・相続・遺言相談

更新日付:2018.07.20


成年後見や相続、遺言について知りたい、相談したい、手続したい・・・
そんな方々のために

  • 電話相談
  • 面談相談
  • 出張相談
3つのタイプの相談を行っています
詳細は資料・ホームページにてご確認ください。

平成30年度 福祉用具プランナー研修

更新日付:2018.07.20

介護の現場等において適正な福祉用具の利用が促進されるよう、福祉用具の取扱いに関する知識や個々の福祉用具の利用方法などの専門知識を有する人材の育成を図るとともに、福祉用具供給に携わる様々な職種が、福祉用具の適正な取扱いについての共通認識を育て、その共通認識を基盤として福祉用具の適切な利用と供給の実現に資することを目的とします。

福祉用具プランナーとは…

「公益財団法人テクノエイド協会」が提唱する、福祉用具の選択の援助、適切な使用計画の策定、利用の支援、及び適用状況のモニター・評価まで行うことのできる福祉用具の専門家で、現在、全国で約14,330名が福祉用具プランナー研修を修了しています。
・研修修了者には、テクノエイド協会理事長名による「福祉用具プランナー研修修了証書」が交付されます。
日程 ①eラーニング研修(パソコンでのインターネット学習)
平成30年9月18日(火)~11月16日(金)
②集合研修
第1回 平成30年11月24日(土)~11月25日(日)
第2回 平成30年12月15日(土)~12月16日(日)
第3回 平成31年 1月19日(土)~ 1月21日(月)
場所:かでる2.7(札幌市中央区北2条西7丁目1番地)
申込方法 以下の3点の書類を、下記申込先まで郵送して下さい。
「受講申込書」「実務経歴証明書」「資格取得証明書(写)」の3点を、下記まで郵送して下さい。
申込受付期日:平成30年8月15日(水)まで 当日消印有効
研修の対象 以下の3つが受講の要件です。詳細はホームページにてご確認下さい。
①指定福祉用具貸与事業所又は指定特定福祉用具販売事業所において、福祉用具専門相談員としての業務に従事している方又は従事した経験のある方(※)で、研修修了試験実施日(平成 31年 1 月21日)において、福祉用具専門相談員業務または福祉用具関連業務に2年以上従事した経験がある方
(※)福祉用具関連業務に従事しているあるいは従事したことのある看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員等も含む
②個人用メールアドレスを持ち、インターネット及び一定のスペックを満たすパソコン等の機材が使用できる環境にある方
③北海道在住の方
募集定員 50名(申込者多数の場合は選考にて受講者を決定します)
受講に係る費用 ・福祉用具プランナーテキスト代およびeラーニング受講料:合計20,000円(税込)
※インターネットに係る通信料(回線料)は、受講料には含まれません。
※集合研修の受講料は無料です(集合研修に係る旅費については各自負担)。

コソ研2018

更新日付:2018.07.17

熊本会場
2018年9月16日(日・17日(月祝))
会場:熊本学園大学

宮城会場
2018年10月13日(土)・14日(日)
会場:東北福祉大学仙台東口キャンパス

広島会場

2018年11月10日(土)・11日(日)
会場:広島国際大学広島キャンパス

コソ研についての問い合わせ先(ソ教連までお願いします。)
一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟
住所:〒108-0075 東京都 港区 港南4丁目7番8号 都漁連水産会館5階
最寄り駅:JR『品川駅』、東京モノレール・りんかい線『天王洲アイル』
TEL:03-5495-7242
FAX:03-5495-7219
E-mail:koizumi@jaswe.jp

詳細は下記資料またはリンク先にてご確認ください。

福祉団体合同シンポジウム

更新日付:2018.07.10

「地域共生社会へ向けて」

福祉専門職同士のネットワークの強化
昨今では、生活困窮・虐待・身寄りがなく家族疎遠・社会的な孤立等、生活上の課題が複雑に絡み合う事例が存在しています。1つの制度や領域のみでは対応が困難になってきており、より福祉専門職同士の連携や協働が必要とされています。
そこで領域の垣根を越えて横断的な連携や実践に活かせるようなシンポジウムを企画したいと考えました。
また、平成30年度の診療・介護・障がい福祉報酬改定に伴う実践現場への影響も共有し合える場とし、人や資源が世代や分野を越えてつながる地域づくりについて、日頃から近隣で実践する皆様と一緒に考えたいと思います。
日程2018年7月21日(土)14:00~17:00
13:30~受付
会場 札幌ひばりが丘病院
事務館3階ファンクションルーム
参加費500円
対象 医療・介護・福祉・教育関係者
定員100名(先着順)
締め切り2018 年7月17日(火)
詳細は下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください。

広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin道東

更新日付:2018.07.09

みんなの居場所を考えるシンポジウム
近年、こども食堂や地域食堂など今までにない新しいカタチの居場所が地域に増えています。
それは、年代問わず浅くゆるくつながれる、お互いが支え合える場が必要とされているからなのかもしれません。
そんな居場所が増えたなら、私たちの地域はもっと優しく暮らしやすい地域になっていくのではないでしょうか。
ご一緒に考えてみませんか。

日時平成30年8月4日(土)
13:00~16:00
開場12:30
会場とかちプラザ2階レインボーホール
帯広市西4条南13丁目1番地
参加費500円。学生無料(学生証提示の方)
定員280名
申込方法用紙に必要事項をご記入の上、FAXまたは郵送でお申し込みください
詳細、申込用紙は下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください

ゆずり葉の季節(劇団たんぽぽ公演)

更新日付:2018.07.05

札幌公演
2018年8月25日(土)、26日(日)
北海道立道民活動センターかでる2.7
開演
25日 1回目15:00、2回目19:00
26日 15:00(開場30分前)

旭川公演
2018年9月1日(土)
旭川公会堂(旭川市常盤公園内)
開演 15:00(開場30分前)

料金
前売り 1,500円
当日 2,000円
学生 1,000円
全席自由
小学校低学年以下の入場はご遠慮ください

詳細・チケット購入については下記リンクにてご確認ください。

リブラフセミナー 「がん」と「働く」

更新日付:2018.06.28

がんは医療技術の向上もあり治療しながら社会生活を送る人が増えている。しかし一方では、がんを理由に仕事を辞めてしまう人が多く存在している現実もある。「両立支援」という言葉が広がりつつあるが、「がんになって働く」ことが当たり前になるために何が必要になるだろうか。
まずは治療の最前線にいる医療者が、治療と並行して「働く」ことを念頭に患者に関わること、必要な情報を届けることで不要な離職を予防することにつながると考えセミナーを開催する。

日時平成30年9月8日(土) 14:00~16:45(受付13:30)
場所北海道自治労会館 中ホール(札幌市北区北6条西7丁目)
参加費3,000円
対象がんの治療に携わる医療関係者(医師、看護師、ソーシャルワーカー他)
内容国立がん研究センターがんサバイバーシップ支援研究部部長の高橋都氏を講師に迎え、治療をうけながらも「働く」ことを推進する上でのポイントや取り組み事例などを講演頂く。
後半はパネルディスカッション形式で、様々な立場(臨床医、相談員等)から現状と課題等具体的にディスカッションを行う。
申込先livliv201604@gmail.com
企画NPO法人 コミュネット楽創
主催がん・メンタルヘルスリワークセンターリブラフ

ページ先頭へ