ホーム > Archive by category ''

トピックス

一覧

基礎研修Ⅱを受講されているみなさま

更新日付:2019.07.19

7月20日(土)十勝会場について

会場の都合で急遽開催場所が変更になります。
音更町文化センターから「帯広開西病院」に変更になります。
 (帯広市西23条南2丁目16-27)
急な変更で申し訳ございませんがお間違いのないようにお集まりください。

2019年度スクールソーシャルワーカー基礎研修

更新日付:2019.07.18

スクールソーシャルワーカーが求められる力を発揮するためには、ソーシャルワークの技術・知識を欠かすことはできません。本研修は、ソーシャルワークの基礎とそれを活用した効果的なスクールソーシャルワーク(SSW)の習得を目的としています。SSWとは何か、ソーシャルワーカーに求められる役割とミクロ・メゾ・マクロのアプローチなど、基礎的な内容を学ぶ機会にぜひご参加ください。

第1回 宮城会場

日時 2019 年 10 月 5 日(土) 10:00~17:30
2019 年 10 月 6 日(日) 9:30~17:00
会場 東北福祉大学 仙台駅東口キャンパス
宮城県仙台市宮城野区榴岡 2-5-26 ※JR 仙台駅東口から徒歩 5 分
受講費15,000円(+別途テキスト代)
定 員各100名
申 込日本ソーシャルワーク教育学校連盟の専用WEBフォームよりお申し込みください。
(SSW事業HPからもアクセス可能です)

第2回は東京会場を予定しています
2020 年 1 月 12 日(日)、13 日(月・祝)日本ソーシャルワーク教育学校連盟 研修室
(東京都港区港南 4-7-8 都漁連水産会館 6 階)

年会費の引き落としについて

更新日付:2019.07.18

会員のみなさま

2019年度年会費の引き落としについてお知らせいたします。
5月7日に引き落としができなかった方につきましては7月29日に引き落としとなります。
口座残高の確認をお願いいたします。

なお、6月以降にご入会の方及び口座変更届を提出された方は10月28日の引き落としとなります。

令和元年度 福祉用具プランナー研修

更新日付:2019.07.17

「公益財団法人テクノエイド協会」が提唱する、福祉用具の選択の援助、適切な使用計画の策定、利用の支援、及び適用状況のモニター・評価まで行うことのできる福祉用具の専門家で、現在、全国で約14,653名が福祉用具プランナー研修を修了しています。
・研修修了者には、テクノエイド協会理事長名による「福祉用具プランナー研修修了証書」が交付されます。

カリキュラムと履修方法

カリキュラムは「座学」「講義」「実技」「演習」「修了試験」計 100.5 時間で構成されます。
【座 学】48.0時間…eラーニング研修(パソコン等の機材でのインターネット学習)
履修期間:令和元年 10 月 1 日(火)~12 月 2 日(月)
【集合研修】52.5時間…集合研修3回・計7日間(於 札幌市)
第1回:令和元年12 月 7 日(土)~ 12 月 8 日(日)
第2回:令和 2 年1月18 日(土)~ 1月19 日(日)
第3回:令和 2 年 2 月 22 日(土)~ 2 月24 日(月)

受講要件

以下の3つが受講の要件です。詳細はホームページにてご確認下さい。
①指定福祉用具貸与事業所又は指定特定福祉用具販売事業所において、福祉用具専門相談員としての業務に従事している方又は従事した経験のある方(※)で、研修修了試験実施日(令和2年2月24 日)において、福祉用具専門相談員業務または福祉用具関連業務に2年以上従事した経験がある方
(※)福祉用具関連業務に従事しているあるいは従事したことのある看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員等も含む
②個人用メールアドレスを持ち、インターネット及び一定のスペックを満たすパソコン等の機材が使用できる環境にある方
③北海道在住の方

受講費用

○福祉用具プランナーテキスト代およびeラーニング受講料:合計20,000円(税込)
※インターネットに係る通信料(回線料)は、受講料には含まれません。
※集合研修の受講料は無料です(集合研修に係る旅費については各自負担)。

募集定員

50名(申込者多数の場合は選考にて受講者を決定します)

申込手続き

「受講申込書」「実務経歴証明書」「資格取得証明書(写)」の3点を、下記まで郵送して下さい。
申込受付期日:令和元年 7 月12 日(金)~令和元年 8 月 19 日(月)まで 当日消印有効

年間行事予定を掲載いたしました

更新日付:2019.07.12

下記PDFにてご確認ください。

2019年度 地域包括支援センターネットワーク実践力養成研修

更新日付:2019.07.08

※日程が確定いたしましたのでお知らせいたします。

地域包括支援センターの主要な業務の一つとして、ネットワーク構築業務があります。地域における生活支援を進めるにあたっては、当事者、家族、地域住民、民生委員、専門職、行政等、地域の関係者とのネットワークを構築することになりますが、その組織化自体に目的があるのではなく、「地域を基盤としたソーシャルワークを展開するためのネットワーク構築・活用」という視点が重要となります。
そこで、北海道社会福祉士会では、地域包括支援センター職員や関係者の方々が、地域を基盤とするソーシャルワーク実践をおこなうために必要となるネットワーク構築・活用のスキルを習得すること目的に研修会を開催します。

日程前期:2019年 9月7日(土) ~ 9月8日(日)
後期:2019年12月 1日(日)
会場 旭川市ときわ市民ホール(旭川市5条通4丁目)
受講要件 (1)(2)のすべてを満たす方
(1)カリキュラムの全課程を出席できる方
(2)事前課題、中間課題を提出できる方
● 受講にあたって ●
※中間課題には、自らの地域でのネットワーク構築の企画、試行、報告等が含まれます。
※課題が提出されない場合、研修は継続できなくなります。
※課題について、修了評価の基準に達しない場合は、課題の再提出を可能としますが、それでも修了評価の基準に達しない場合は、研修を修了できないことになります。
※演習では地域包括支援センター事例を活用します。
対象者 ・地域包括支援センター(サブセンター・ブランチ含む)職員、市町村職員、
・社会福祉協議会職員等地域を基盤としたソーシャルワークを実践している方
・居宅介護支援事業所の主任介護支援専門員等地域での活動を期待されている専門職の方
・生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)
・地域づくりコーディネーター、地域生活移行支援コーディネーター(障がい者分野)
*演習等は地域包括支援センターの事例を使う予定ですが、市町村職員、社会福祉協議会職員の方もぜひご参加ください。
定員 30名(先着順)
受講費 社会福祉士会会員:20,000円
会員以外:30,000円
※社会福祉士会会員には入会手続中の方も含みます。
※受講費には、全日程の資料代を含みます。食費・宿泊費・旅費は含みません。
宿泊・昼食 各自手配をお願いします。
申込方法 所定の「受講申込書」に必要事項を記入の上、FAXもしくは郵送にてお申し込みください。
(電話での申し込みは、受け付けておりません)。
申込期限 8月26日(月)まで(先着順)
※申込締切日前でも定員となり次第、締め切ります。

2019年度 日本ソーシャルワーク教育学校連盟北海道ブロック 社会福祉士・精神保健福祉士養成課程における教育内容等の見直しに係る意見交換会

更新日付:2019.07.04

6 月 28 日(金)、厚生労働省より 2021 年度からのスタートを予定した新たな社会福祉士・精神保健福祉士養成のカリキュラム(案)が公表されました。
今回の教育内容等の見直しは、「ソーシャルワーク専門職としての社会福祉士/精神保健福祉士」の養成という認識が前提となっており、新たなカリキュラム(案)においてはソーシャルワーク専門職として必要な「共通科目の増加」が大きなポイントになっています。今後、養成校においては、これまで以上に「講義・演習・実習」の連動性の強化等が求められるとともに、社会福祉士養成課程では実習時間及び形態の変更への対応も必要です。また、社会福祉士・精神保健福祉士養成課程における共通テーマとして、地域共生社会の実現を念頭に、「ソーシャルワーク実習」は地域における多職種・多機関連携を踏まえた「総合的かつ包括的支援」を学修できるものとすること、さらには、今まで以上に個別支援に止まらず、社会資源の開発や地域づくり等の地域への支援について学修できること等が求められています。
新たな社会福祉士・精神保健福祉士養成課程の実施に係る改正通知の内容や手続き等は、今後、厚生労働省より随時公表される見込みです。そこで「見直しのポイント」と「カリキュラム(案)」が示された現段階において、一度、国家資格制度が目指す養成教育の方向性について関係者間で理解を共有しつつ、社会福祉士・精神保健福祉士養成において今後取り組むべき教育課題を整理する一助とする目的で本意見交換会を開催いたします。関係者の皆様の参加をお待ちしております。

日時2019 年 8 月 4 日(日)13:00~15:00(最大でも 15:30)
場所北星学園大学 C 館 402 教室
対象社会福祉士・精神保健福祉士養成校教員、実習指導者(見込みの者を含む)
社会福祉士・精神保健福祉士、社会福祉士・精神保健福祉士養成教育に関心のある者
参加費無料
申込事務局まで「氏名」「所属」を E-mail にてお申込みください【7 月 30 日(火)まで】

詳細・申込先は下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください

【釧根地区支部】第 122 回 定例学習会のお知らせ

更新日付:2019.07.03

ソーシャルワークのグローバル定義(2014)を踏まえ、現在「ソーシャルワークの倫理綱領改定案」に対する意見を募集しています。
現在、ソーシャルワーク実践の根拠としている倫理綱領の一部が改正される予定となっておりますので、現在の倫理綱領を踏まえながら、改正に向けた内容を学びたいと思います。
また、学び合いを通して、疑問や意見などを所定の様式に従い、意見提出していきたいと思いますので、より多くの会員の皆様のご参加をお待ちしております。

日時令和元年7月24日(水) 午後 7 時~午後 9 時
場所釧路市生涯学習センターまなぼっと幣舞 601号室
(釧路市幣舞町4番28号)

詳細は下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください

ページ先頭へ