ホーム > Archive by category ''

トピックス

一覧

平成 27 年度 道東ソーシャルワーク研究会 研修会

更新日付:2015.11.09

~対人援助職のメンタルヘルスと人材育成~

北海道精神保健福祉士協会 道東ブロック、北海道社会福祉士会十勝・釧根地区支部・北海道医療ソーシャル
ワーカー協会東支部は、道東地域のソーシャルワーカーの連携を目的として、「道東ソーシャルワーク研究会」
(通称:PMC ラボ)を平成 24 年に設立し、定期的に研修会を開催しております。
今年度は、「対人援助職のメンタルヘルスと人材育成」をテーマに、専門職としての葛藤やストレスとの向き
合い方をともに考えてみませんか? 多くの皆様のご参加をお待ちしております。
日時平成27 年12月12日(土)
13:30~16:30(受付開始 13:00)
会場帯広協会病院 講堂(3階)
(帯広市東5条南9丁目2番地)
※病院駐車場の駐車券を会場受付までご持参ください(無料になります)
申込方法申込用紙に必要事項記載の上、帯広光南病院(担当:秋葉)
FAX:0155-47-4812 までお送りください(TEL:0155-47-4811)
申込締切平成27年12月1日(火)まで
詳細・お申込用紙は、下記リンクをクリックし、PDFにてご確認ください
平成 27 年度 道東ソーシャルワーク研究会 研修会

年間行事予定を掲載いたしました

更新日付:2015.11.06

下記PDFにてご確認ください
2015年度行事予定

基礎研修Ⅲを受講されているみなさま

更新日付:2015.10.29

1月16日~17日の人材育成系科目Ⅰの事前課題の様式 をご活用ください。
当日は各2部ご持参ください。
02_様式第1号スーパーバイジー自己チェックシート(事前課題様式)
03_新人教育プログラム(事前課題記入用紙 自己チェックシート)

道内避難者心のケア・フォローアップ研修

更新日付:2015.10.29

日時2015年11月15日(日)
13:15~16:00(受付開始13:00)
連続した内容で、ワークを中心とした研修を、2016年1月23日(土)に実施します
会費無料
定員100名(先着順)
会場TKP札幌ビジネスセンター カンファレンスルーム9A
札幌市中央区北3条西3丁目1-44ヒューリック札幌ビル9階
札幌市営南北線さっぽろ駅9番出口直結
詳細は下記資料をクリックし、PDFにてご確認ください。
道内避難者心のケア・フォローアップ研修

ソーシャルワーク・コラボ in 札幌

更新日付:2015.10.27

施設入所者の権利擁護に対するソーシャルワーカーの取り組みと課題

今年になって、障害者施設での虐待事件や老人ホームにおける入居者への虐待疑惑など、権利侵害問題の報道が相次ぐ中で、入所施設のあり方が問われている。同時に施設において入所者の生活の質を高め、権利擁護を行うソーシャルワーカーの役割を見直すことが課題である。
そこで、①福祉サーサービス適正化委員会への苦情申し立ての現状と意味するもの、②当事者家族から見た施設の現状や問題点、③施設ソーシャルワーカーの取り組みと課題について、それぞれの立場から報告を受ける。
続いて①~③の実態を踏まえて、「施設の問題状況に対する社会福祉実践の構造」についての理論的検討を行い、それを踏まえて、今後の施設ソーシャルワーカーへの期待と、関係者との協働の可能性を探ることを目的とする。
日 程2015 年 12 月6日(日)
時 間13 時30 分~16 時 30 分、(情報交換会 16 時 45 分~18 時45 分)
会 場北星学園大学 (札幌市厚別区大谷地西2 丁目3-1)C 館7階 C700 教室
共 催日本ソーシャルワーク学会、北海道社会福祉士会
募集人数100 名
資 料 代500 円
詳細・申込用紙は下記資料をクリックし、PDFにてご確認ください
ソーシャルワーク・コラボ案内

基礎研修Ⅲを受講されているみなさま

更新日付:2015.10.26

サービス管理・経営系科目Ⅰ修了課題の様式をご活用ください。
郵送で締切は12月18日(金)消印有効です。
各3部提出
1.サービス管理・経営系科目 科目修了レポート
2.サービス管理・経営科目 科目修了レポート

基礎研修Ⅲを受講されているみなさま

更新日付:2015.10.23

地域開発・政策系科目Ⅰの修了課題の様式をご活用ください。
郵送で締切りは11月27日(金)消印有効となります。
地域開発・政策系科目Ⅰ科目修了レポート2
地域開発・政策系科目Ⅰ科目修了レポート3

地域包括支援センター等職員対象「権利擁護実践」研修会

更新日付:2015.10.21

成年後見の理念ではノーマライゼーションの思想と自己決定の尊重、残存能力の活用が謳われ、単に本人に代わって財産を管理することのみならず、本人の意思を尊重し本人が望む生活を実現するための積極的な財産管理を期待し、保護の対象としてでは無く、生活の主体者として位置づけることが重要です。2006年には地域包括支援センターが設置され、権利擁護業務の果たすべき役割は大きいといわれ続けています。
しかし、一方で、単に制度紹介するだけの「繋ぐ役割」のみが注目され、本来持つソーシャルワーク機能を強化するために制度活用がされていない課題が生じています。
総合相談としての入り口から、成年後見制度活用を意識した業務の視点、成年後見制度を活用するために対象者をスクリーニングする視点や説明力に焦点をあて、地域包括支援センター「権利擁護業務」の実践力向上を目指すことを目的に研修会を実施します。

日時・会場平成27年11月14日(土)10:50~16:00 (受付 10:30~)
会場:かでる2.7 1060会議室(札幌市中央区北 2 条西 7 丁目)
<最寄り駅>
○JR札幌駅南口:徒歩 13 分
地下鉄さっぽろ駅(10 番出口):徒歩 9 分 ・地下鉄大通駅(2 番出口):徒歩 11 分
地下鉄西 11 丁目駅(4 番出口):徒歩 11 分
定員80名(定員になり次第締め切ります)
対 象 者 (1)地域包括支援センターに勤務する社会福祉士
(2)地域包括支援センター業務に従事している専門職
(3)市町村担当職員
(4)成年後見支援センター等に勤務する専門職
(5)虐待対応専門職チーム登録者・登録予定者等の弁護士および社会福祉士
受講費 会 員 3,000円
非会員 5,000円(食事、宿泊費、旅費は含みません)
*北海道社会福祉士会への入会手続き中の方は、会員扱いとさせていただきます。
*受講費には資料代を含みます。
申 込 期 間平成27年10月22日(木)~10月30日(金)(定員になり次第締め切ります)
申 込 方 法「2015 年度 権利擁護実践研修会申込書」に必要事項記入の上、当会事務局まで FAX(又は郵送)にてお申込下さい。
受講費は前払いとなります。振込票控えを申込書に添付し、FAX又は郵送でお申込 ください。振込用紙は郵便局に備え付けの「青色 振込取扱票」(振込手数料 各自負担)をご使用ください。振込後のキャンセルにつきましては、11月6日(金)までのキャンセルの場合は、手数料1,000円を差し引いた額を返金させていただきますが,11月9日(月)以降のキャンセルの場合は返金いたしませんのでご了承下さい。
詳細・申込用紙は下記リンクをクリックし、PDFにてご確認ください
2015年度 地域包括支援センター等職員対象「権利擁護実践」研修会 案内

基礎研修Ⅱを受講されているみなさま

更新日付:2015.10.13

今後の基礎研修Ⅱの各会場をお知らせいたします。
※ 1月16日(土)旭川会場
当初【旭川大学】をご案内させていただいておりましたが【永山公民館(永山市民交流センター内)】に変更となりました。

課題提出のお願い

地域開発・政策系科目Ⅰの修了レポートの課題の提出をお願いいたします。
提出締め切りは、27年12月15日(郵送 事務局必着)といたします。
詳細は添付のお便りをご覧ください。
社会調査課題提出依頼
基礎Ⅱ 今後の会場

基礎研修Ⅱを受講されているみなさま

更新日付:2015.10.09

10月11・12日の札幌会場はかでる2.7、760会議室になります。
時間:10時~17時

ページ先頭へ