ホーム > Archive by category ''

トピックス

一覧

『OSCE(Objective Structured ClinicalExamination)』未実施校への実施要望について

更新日付:2014.11.13

当会は、2002年度より「高い実践力を保持した後継者養成」を目標として、自主的に「現場実習実践研究セミナー」を継続運営しています。さらに、2008年度からは制度研修である「社会福祉士実習指導者講習会」を施行し、養成校と連携を深めつつ実習指導者の指導能力向上を支援しております。
近年、相談援助実習の目的が達成目標を明示した目標志向型実習に明確に舵を切り始めております。実践的な技術・技能の修得が目標の一部に入り、相談援助実習指導が「臨床参加型実習」に切り替わるなか、養成校側では実習関係4者の中で特に「利用者の最善の利益実現」の為に実習生に一定の実践能力を身に着けさせる目的で実習開始始前に「実習前評価システム」を実習生に課し、その合格をもって実習参加が許されるという仕組みが普及しております。現場での実習展開も、この「実習前評価システム」という流れを踏襲する流れが生まれており、これらの取り組みを前提として実習プログラムが企画されております。しかし近年、一部の養成校において「実習前評価システム」の一つである『OSCE(Objective Structured Clinical Examination)』が実施されていない状況にあります。このことは実習開始にむけた学生の仕上がりに影響するため、実習現場指導者からも継続的な実施を要望する声が上がっております。
当会としましてはすべての社会福祉士を志す実習生に対してOSCEを引き続き実施頂きたいと北海道社会福祉養成校協会(社養協)へ今年2月に添付の要望書を提出しました。その結果、実施されていない養成校より回答書を頂きましたのでここに公開させて頂きます。今後も順次返答を頂きました養成校の回答書を公開してゆく予定です。
なお公開につきましては、社養協北海道ブロックを通じ道内各養成校の同意を得ておりますことをここに附します。

平成26年度地域生活定着支援事業推進会議inさっぽろ

更新日付:2014.10.30

罪を犯した高齢・障がい者が地域で安心して暮らすためには

高齢または障がいにより自立が困難な矯正施設退所者を出所後速やかに福祉サービス等と繋がるための調整を行う地域生活定着支援センターが北海道において開設され5年目を迎えました。そこで、本会議では全国地域生活定着支援センター協議会代表理事田島良昭氏を迎え、地域生活定着支援センターの活動を振り返りながら罪を犯した高齢者・障がい者に対する支援の重要性の理解を深めていただくとともに、地域社会において支援を必要とする人々を支えていくための方策について学ぶことを目的に開催します。
日時平成26年11月18日(火)13:30~17:00(受付開始12:45)
場所道民活動センター 1階 ホール
(札幌市中央区北2条西7丁目 かでる2.7)
定員500名
参加費無料
申し込み方法別紙参加申込書に必要事項をご記入の上、平成26年11月7日(金)までにファクシミリにてお申し込みください。その他ご不明な点等ございましたら、下記までご連絡いただきますようお願いいたします。
連絡・問合せ先 北海道地域生活定着支援札幌センター 【 担当:五十嵐 】
〒060-0002 札幌市中央区北2条西7丁目 北海道社会福祉総合センター3階
Tel 011-241-3973
Fax 011-271-1977
詳細・お申し込みは下記リンクよりPDFにてご確認ください
平成26年度地域生活定着支援事業推進会議inさっぽろ 要綱・参加申込書

2014年度 石狩ブロック研修会

更新日付:2014.10.27

日時2014年12月6日(土)
14:00~17:30
会場北広島芸術文化ホール(愛称:花ホール)2階 活動室1・2
北広島市中央6丁目2-1
参加費会員:無料 非会員:おひとり様1,000円
申込用紙にてお申し込みください
定員100名
締切日2014年11月28日(金)必着
詳細・お申込みについては、下記リンクよりDFにてご確認ください。
2014年度 石狩ブロック研修会 案内・申込書

地域包括支援センター等職員対象「権利擁護実践」研修会

更新日付:2014.10.27

成年後見の理念ではノーマライゼーションの思想と自己決定の尊重、残存能力の活用が謳われ、単に本人に代わって財産を管理することのみならず、本人の意思を尊重し本人が望む生活を実現するための積極的な財産管理を期待し、保護の対象としてでは無く、生活の主体者として位置づけることが重要です。
2006年には地域包括支援センターが設置され、権利擁護業務の果たすべき役割は大きいといわれ続けています。しかし、一方で、単に制度紹介するだけの「繋ぐ役割」のみが注目され、本来持つソーシャルワーク機能を強化するために制度活用がされていない課題が生じています。
総合相談としての入り口から、成年後見制度活用を意識した業務の視点、成年後見制度を活用するために対象者をスクリーニングする視点や説明力に焦点をあて、地域包括支援センター「権利擁護業務」の実践力向上を目指すことを目的に研修会を実施します。

日時平成26年11月29日(土)10:20~16:30 (受付 10:00~)
会場札幌市社会福祉総合センター 4F 大研修室(札幌市中央区大通西 19 丁目 1-1)
<最寄り駅>
○地下鉄東西線 西 18 丁目駅下車(出口 1 番)
※駐車場が限られていますので、公共交通機関をご利用ください。
受 講 費会員 3,000円 ・ 非会員5,000円(食事、宿泊費、旅費は含みません)
*北海道社会福祉士会への入会手続き中の方は、会員扱いとさせていただきます。
*受講費には資料代を含みます。
申 込 期 間平成26年10月27日(月)~ 11月14日(金)
(定員になり次第締め切ります)
申 込 方 法 「2014年度 権利擁護実践研修会申込書」に必要事項記入の上、当会事務局までFAX(又は郵送)にてお申込下さい。
受講費は前払いとなります。振込票控えを申込書に添付し、FAX又は郵送でお申込ください。振込用紙は郵便局に備え付けの「青色 振込取扱票」(振込手数料 各自負担)をご使用ください。振込後のキャンセルにつきましては、11月20日(木)までのキャンセルの場合は、手数料1,000円を差し引いた額を返金させていただきますが、11月21日(金)以降のキャンセルの場合は返金いたしませんのでご了承下さい。
詳細・お申込みについては、下記リンクよりDFにてご確認ください。
地域包括支援センター等職員対象「権利擁護実践」研修会 案内&申込書

共通基盤研修(権利擁護) 開催のご案内

更新日付:2014.10.27

権利擁護における自己決定の尊重は、ソーシャルワークの中心的な課題です。自己決定の前提となる「意志決定の支援」をふまえて、これからの相談援助はどうあるべきか、竹内俊一氏(岡山弁護士会、NPO 法人岡山意思決定支援センタービーユー代表)をお招きして研修会を開催いたします。講師である、竹内俊一氏は、岡山県で様々な権利擁護活動を展開されてきましたが、今回、日本で初めての、「意志決定支援センター」を立ち上げ、先進的な取り組みを展開されております。日頃の支援活動について、有効な示唆を受けることができる貴重な機会となります。是非ご参加下さい。
講演ののちには分野を問わずに活躍している参加者での意見交換を企画しております。
道央地区支部では各分野に関らず「社会福祉士の共通基盤(日本社会福祉士会発行)」の 6 領域を基に研修内容を設定し、石狩・空知・後志(総合)振興局で各場所年 1 回の研修を開催しています。

日 時2014 年 11 月 22 日(土) 13:00~17:30
会 場小樽市経済センター7 階
小樽市稲穂 2 丁目 22 番 1 号
小樽駅より徒歩 2 分
※会場に駐車場はありません。周辺の有料駐車場をご利用ください。
参 加 対 象相談援助に携わる職員、相談援助職を目指す学生
参 加 費日本社会福祉士会会員、障害者支援事業所職員、学生:1,000 円
※学生は本学課程のみで通信課程はその他となります。
その他:2,000 円
参 加 方 法申込用紙にてお申し込みください(定員:200 名)
申込締切日2014 年 11 月 14 日(金)必着
詳細・お申込みについては、下記リンクよりDFにてご確認ください。
共通基盤研修(権利擁護) 開催のご案内

第27回社会福祉士国家試験対策直前対策講座

更新日付:2014.10.17

2014度冬期講習 第27回社会福祉士国家試験対策直前対策講座

(共通・専門 全 19 科目)

国家試験を目前に控え、独学ではとても不安…。
そんな方にお勧めの直前対策講座を行います。
直前期に何を勉強すべきか、取捨選択すべき分野はどこかを明確に線引きして講義を進めます。
国家試験の各問題では何が問われているのか、その出題意図を見抜く力と「基礎知識」を「問題が解ける力」までレベルアップします。残り少なくなった勉強時間を最大限に有効活用し、蓄えてきた知識を使いこなして着実に合格点に繋げていきましょう!

日時12 月 20 日(土)・21 日(日)
9 時 30 分~17 時 00 分
受講料 一般(15,400 円)
大学・専門学校生(13,900 円)※通信教育課程を含む。
賛助会員(12,400 円)
※1 日(第 1 日目または第 2 日目)のみの受講は 10,000 円です。
※テキスト代、昼食代は除きます。全て税込の価格です。
※テキストとして、『社会福祉士の合格教科書 2015』(飯塚慶子 著/医学評論社 発行/定価 3,240 円(税込))が必要になります。セミナーお申込みの際にお申込みされますと特別価格(2,590 円 税込)にてご購入できます。
※当会主催の 2014 年度夏期講習「基礎力養成講座」を受講された方は受講料が割引になります。詳しくはお問い合わせください。
会 場北農健保会館(札幌市中央区北 4 条西 7 丁目 1-4)
【交通のご案内】JR 札幌駅または札幌市営地下鉄南北線 さっぽろ駅下車 徒歩約 5 分
定 員100 名(予定) ※定員を超えた場合はキャンセル待ちとなります。

第三回不登校相談会&シンポジウム

更新日付:2014.10.10

右の画像をクリックするとPDFにて詳細をみることができます。
2014年11 月 1 日(土)
札幌白石区民センター1 階多目的室
(札幌市白石区本郷通3丁目北1-1)
すべて無料、申込み不要です
※時間や内容に変更がある場合もありま すので、最新情報については北海道フリースクール等ネットワークのサイトをご覧ください
http://www13.ocn.ne.jp/~fs_net/
※同日、白区民センター3階ホールで道内のフリースクールのお祭り「フリースクールフェスティバル」を開催しています。どなたでもご参加できます。
フリースクールや子どもたちの様子をご覧いただける機会でもあります。ぜひお立ち寄りください

Free School Festival2014

更新日付:2014.10.10

右の画像をクリックするとPDFにて詳細をみることができます。
日時:11 月1日(土)11:00-15:00
場所:札幌市白石区民センター3階ホール
主催:北海道フリースクール等ネットワーク
※無料で参加することができます
※時間や内容に変更がある場合もありますので、 最新情報については北海道フリースクール等ネットワークのサイトをご覧ください
http://www13.ocn.ne.jp/~fs_net/

第15回 不登校・登校拒否を考える全道のつどい

更新日付:2014.10.08

「ひとりで悩まないで」…それは不登校を経験した親たち・青年たち・支援者、みんなの共通の思いです。全道のつどいは、安心して語り合い、不安や悩みを分かち合い、そして支えあう仲間と出会える交流の場です。ご家族の皆さん、支援機関の皆さん、どなたでも参加できます。

最新情報はHPで紹介しています!
http//www.north-net.jp/zendo-tsudoi/

日 時 2014年10月26日(日)
10時~16時30分 (9時30分 受付開始)
会 場 恵庭市福祉会館
(恵庭市末広町124番地 TEL:0123-33-9436)
JR千歳線 札幌より快速で23分 新札幌より15分
恵庭駅西口より徒歩約10分
参加費 1.000円
(学生・青年は無料。申し込み不要。直接会場にお越し下さい。)
詳細は下記リンクよりPDFにてご確認ください
第15回 不登校・登校拒否を考える全道のつどい

ページ先頭へ