ホーム > 一般向け各種情報 > 他団体情報 > 第 15 回 日本社会福祉学会フォーラム

トピックス

第 15 回 日本社会福祉学会フォーラム

更新日付 2019.03.01

「軋む社会とセーフティネット」
― 転げ落ちない社会の構築を目指して ―

昨年、福岡で開催された第 14 回フォーラムは、『サービスの質の向上と福祉経営―市場化における社会福祉の独自性を問う』と題し、福祉サービスの向上とそのあり方、実現のためのシステムや方法、組織づくりや人材育成などについて福祉経営の観点から検討された。
人口減少社会、超少子高齢社会の到来、地域格差のさらなる顕在化、コミュニティの弱体化等が進展し社会に軋みが生じているなか、私たちは、地域共生社会の実現、地域包括ケアシステムの深化等を推進していかなければならない。その際、地域力の強化、コミュニティの再生、コミュニティ・リジリエンスの醸成等々が一大課題になる一方、セーフティネットの再検討、再分配政策の問い直し、支え合いの財政戦略等々も重要課題であると考えられる。
今回のフォーラムでは、福祉財政をひとつの鍵概念に、軋む社会から転げ落ちない社会へのシフトチェンジを、基調講演とシンポジウムを通じ、参加者全員で考えていきたい。

日時2019 年 3 月 9 日(土) 13:00~17:00(受付 12:00~)
会場 北星学園大学 C500教室(C 館 5 階)
北海道札幌市厚別区大谷地西 2-3-1
札幌市営地下鉄東西線大谷地駅から徒歩 8 分
対象 一般社団法人日本社会福祉学会会員及び、会員以外の方でテーマに関心のある方
参加費 1,000 円(web による事前受付を行った方は、指定口座へ事前支払いができます。 なお、当日、受付にてのお支払いも可能です。)
*但し、学生(大学生・大学院生)の方は、会員・非会員を問わず、参加費を免除しますので、受付で学生証をご提示ください。
申し込み方法 web にて事前参加申込を受け付けます。
2019 年 2 月 12 日(火)までお申し込みください。
詳細は、学会 HP をご確認ください。
*参加証等はお送りいたしません。
*手話通訳が必要な方は、事前(2019 年 2 月 12 日(火)まで)にご連絡ください。
*当日参加も可能です。

詳細は下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください

最新の記事10件を表示

ページ先頭へ