ホーム > 一般向け各種情報 > 他団体情報 > シンポジウム 不安定化する「家族」

トピックス

シンポジウム 不安定化する「家族」

更新日付 2020.01.27

―ソーシャルワーカーの抱く家族像の二面性と葛藤―

ドメスティックバイオレンスや児童や高齢者、障害児者の虐待、ひきこもり、8050問題など「家族」が抱える諸問題は現代社会において尽きることはない。
一方で「家族」は、あたたかい愛着形成の場であったり、社会の荒波から家族が共に支え合うことで居場所や自己承認の場であったりする。そのような「家族」と向き合うことが多いソーシャルワーカーらは、日々の実践のなかで「家族」をどのように捉えているのであろうか。また相談支援する側は、「家族」に何を期待し、ときにはどのようなことで失望するのであろうか。
そこで本シンポジウムでは、「不安定化する「家族」―ソーシャルワーカーの抱く家族像の二面性と葛藤―」と題して、学術的・実践的な知見の双方から「家族」に迫っていきたい。みなさまのご来場をお待ちしております。
と き2020年3月1日(日)受付開始13:30 14:00~17:30
ところ旭川市民文化会館 2階 第2会議室(旭川市7条通9丁目)
参加費無料
対 象社会福祉学会員、福祉専門職、学生、その他関心のある方
申込方法メールにてお申込みください
※ 資料印刷の為、申込は 2月21日(金)までにお願いいたします。
詳細・申込については下記リンクをクリックし、PDFにてご確認ください

最新の記事10件を表示

ページ先頭へ