ホーム > 一般向け各種情報 > 他団体情報 > 【開催延期】日本ソーシャルワーク教育学校連盟北海道ブロック 2019 年度 ソーシャルワーク教育研修会

トピックス

【開催延期】日本ソーシャルワーク教育学校連盟北海道ブロック 2019 年度 ソーシャルワーク教育研修会

更新日付 2020.02.26

※主催者より開催延期の連絡がありました。詳細につきましては主催者にご確認ください。

スピリチュアルペインに寄り添うソーシャルワーク支援
―ソーシャルワーカー養成教育において大切にされるべきことを考える―

ソーシャルワーカー倫理綱領の改定が進められています。改正倫理綱領(原案)では、6つ目の原理において、「ソーシャルワーカーは、すべての人々を生物的、心理的、社会的、文化的、スピリチュアルな側面からなる全人的な存在として認識する」と明記され、従来のバイオ・サイコ・ソーシャルの視点に加えスピリチュアルな視点が示されました。
柏木哲夫は、スピリチュアルペインの特徴を「人生の意味への問い」「苦しみの意味」「死生観に対する悩み」など7つの特徴として説明しています。終末期医療においては、患者・家族が死に向き合う中でスピリチュアルペインを経験することが多くなりますが、そのような場面だけではなく、だれであっても人生を揺るがすような生活課題に直面した時に、「何故わたしが?」という問い、「生きることの意味を見失う」といったスピリチュアルペインを経験することが少なくありません。
スピリチュアルペインにソーシャルワーカーはどのような支援ができるのか。クライエントの問いはクライエント自身が向き合うことになりますが、クライエントの痛みに思いを寄せ、共に向き合おうとする姿勢が根底に必要です。
本研修は、スピリチュアルペインに寄り添うソーシャルワークをテーマとして、ソーシャルワーカーとして求められる姿勢・支援を理解すること、加えて養成教育に関わる研鑽の機会とすることを狙いとし、「人間の尊厳」を価値とした生きることの本質を支えるソーシャルワーク支援について考えます。養成校教員、実習指導者、現任のソーシャルワーカー、ソーシャルワークを学ぶ学生など皆さまの参加をお待ちしています。
開催日時2020 年 2 月 29 日(土) 10:00~16:00(受付 9:30~)
会場藤女子大学北 16 条キャンパス 755・756 教室(玄関右エレベータ 7 階)
札幌市北区北 16 条西 2 丁目
アクセス : 南北線「北 18 条駅」下車(徒歩5分)/東豊線「北 13 条東駅」下車(徒歩 10 分)
定員50 名
参加費1,000 円(学生は無料)
参加申し込み別紙の申込用紙にてファックス又はメールにてお申し込みください。(2 月 25 日まで)
詳細・申込については下記リンクをクリックしPDFにてご確認ください。

最新の記事10件を表示

ページ先頭へ