ホーム > 一般向け各種情報 > 研修情報 > 【受付延長】人権啓発セミナー「ハンセン病問題から考える」

トピックス

【受付延長】人権啓発セミナー「ハンセン病問題から考える」

更新日付 2019.11.29

※申込締切を過ぎておりますが受付可能ですのでお問い合わせください。

今年6月、ハンセン病回復者のご家族への損害賠償訴訟において、熊本地裁は国に対し損害賠償の支払いを命じる判決をしました。国は控訴を断念し、現在、賠償支払いに向けた協議が行われているところです。2001年5月に同じく熊本地裁で、ハンセン病患者への強制隔離政策が憲法違反であり、国の賠償責任を認める旨の判決があり、当時、回復者の方々が受けた、生涯にわたる回復困難な“人生被害”について報じられました。あれから18年が経過し、回復者の方々やそのご家族もまた高齢化していく中で、その被害や経験を語ることのできる方が減少している事実とともに、福祉に携わる専門職である私たちもまた、過去の出来事として忘却させてはいないでしょうか。
本セミナーでは、ハンセン病問題を基本的なところから正しく学ぶことはもちろん、これまで北海道や関係諸団体、社会福祉士会でどのようなかかわりを継続してきたのかを知り、次代に伝えていく過程を通じて、ハンセン病問題の風化に抗し、いのちと人権を価値基盤としたソーシャルワーク実践の質の向上を図ることを目的としています。

日時・会場 2019年12月8日(日)13:00~17:00(受付12:30~)
会場 かでる2・7 1050会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)
定員 40名(定員になり次第締め切ります)
対象者 テーマに関心のある方はどなたでも
受講費 会員・学生 2,000円
非会員3,000円
*北海道社会福祉士会への入会手続き中の方は、会員扱いとします。
*受講費には資料代・消費税を含みます。
申込締切 2019年11月28日(木)
申込方法 受講費は前払いです。振込票控えを申込書に添付し、「2019年度 人権啓発セミナー申込書」に必要事項を記入の上、当会事務局までFAX又は郵送でお申込ください。振込後のキャンセルにつきましては、12月2日(月)までのキャンセルの場合は、手数料1,000円を差し引いた額を返金いたしますが、12月3日(火)以降のキャンセルの場合は返金いたしませんのでご了承下さい。

最新の記事10件を表示

ページ先頭へ