ホーム > 一般向け各種情報 > 他団体情報 > 第 2 回 知っておきたい! 多文化共生・滞日外国人ソーシャルワーク研修

トピックス

第 2 回 知っておきたい! 多文化共生・滞日外国人ソーシャルワーク研修

更新日付 2018.08.22

※北海道胆振東部地震の発生に伴い、こちらの研修会は中止となりました。
2016 年に開催いたしました「多文化共生・滞日外国人ソーシャルワーク研修」の第 2 回目を開催いたします。
「国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的ちがいを認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として共に生きていくこと」を多文化共生といいます。
私たちの暮らす北海道では外国人の方が増えております。私たちは国籍や文化や言葉の「ちがい」を認めながら支えあうことが必要ではないでしょうか。
外国人の方は北海道で過ごす中でいろいろな課題や問題を抱えていることがあります。
本研修は多文化共生の視点でわたしたちソーシャルワーカーが北海道に暮らす滞日外国人の方々の生活課題・困難へのソーシャルワークを基礎から学ぶことを目的としております。
滞日外国人のクライアントが来られたとき、どのように支援を行えば良いのかご存知でしょうか?滞日外国人支援に関わっている方、関心のある方、是非ともご参加くださいませ。

日時10 月 6 日(土)
12:30~16:30
会場北海道大学 地球環境科学研究院
(札幌市北区北 10 条西 5 丁目)
定員50 名
参加費無料
対象者 ①外国人医療に関心のある方
②滞日外国人支援に関心のある方
③福祉現場で働く方ソーシャルワーカーの方
④社会福祉専門職を目指す学生の方
応募方法E-mailまたは別紙PDF申込み書をFAXの上お申し込み下さい
お問い合わせ北海道大学病院 相談室 富田
(011)706-7025

最新の記事10件を表示

ページ先頭へ