ホーム > 一般向け各種情報 > その他 > 朝刊見出しに関する北海道新聞社への申し入れとその後の経過について

トピックス

朝刊見出しに関する北海道新聞社への申し入れとその後の経過について

更新日付 2013.10.28

 2013年7月16日、北海道新聞朝刊に掲載された「女児を殴った男・・・」の見出しに関して、北海道社会福祉士会は、理事会において協議し不適切であると判断し、9月2日付けで北海道新聞社に対し別紙のとおり本会高橋会長が申し入れ書を提出し、北海道新聞社から別紙の通り回答がありました。
その後10月10日に、この件に関連して北海道新聞社主催による内部記者を対象とした研修会が開催され、本会の清野光彦副会長が今回の件に関しての経過を説明、松坂優会員、松島綾子会員が講師として地域社会の中での障がい者の実情などについて意見交換を実施しました。
今後とも会の取り組みとして、道民のみなさまの福祉向上のための対外的な発信活動を展開してまいります。

詳細は下記PDFよりご確認ください。
道新への申し入れ書
道新からの回答書

最新の記事10件を表示

ページ先頭へ